話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【こいのぼりの由来や意味】そもそもなんで飾るのか?

 
5月5日は「こどもの日」ですね。こどもの日にはこいのぼりを飾るという、ご家庭も多いのではないかと思います。ところでこの「こいのぼり」にはどんな由来や意味があるのでしょうか?今回は一緒にその謎に迫っていきましょう。
 

 

こいのぼりの由来とは?

koinobori_kigurumi

こいのぼりは、文字通り魚の「鯉」をかたどった飾りです。こいのぼりを飾るという風習があるのは世界でも日本だけであると言われています。

こいのぼりの由来ですが、それはやはり「鯉」の生体に由来しています。鯉は春から初夏、ちょうどこどもの日(端午の節句)あたりの時期になると産卵期を迎え、普段住んでいる下流から上流へと登っていきます。これは下流など水深が深く、流れがゆるやかな場所には天敵となる生物が多いからであると言われています。

江戸時代の武士はこの「下流から上流へ」という生態に、当時の武士の教科書であった中国の古典にある「鯉が滝を登って龍になる」という故事を当てはめ、さらにそこに「出世」という意味を持たせました。そして自分の子供に出世してもらいたいという思いからこいのぼりを飾るようになったと言われています。最初、こいのぼりは単に紙に鯉の絵を描いたものだったのですが、後に現在のような形のこいのぼりになりました。

 

どんな意味が込められているのか?

前述のとおり、こいのぼりには「出世」の意味が込められています。江戸時代には封建制があり、出世の機会というのは万人にではなく、武士と一部の有力商人にのみ与えられていました。それゆえに、こいのぼりを飾るのも一部の家庭に限られており、こいのぼりが庶民に広く普及するようになったのは職業選択の自由が認められた明治維新以後であるとされています。

 

こいのぼりの一番上についてるヤツは何? 鯉には見えないけど・・・

よくある疑問で「こいのぼりの一番上のものは何?」というものがあります。その謎を解くには「こいのぼり」という言葉に注目してみればよく、つまり「こいのぼり」とは「鯉」をかたどった「のぼり」であるということです。

「のぼり」というのは寺社に掲げられた神聖なものであると同時に、戦争時には自軍のいる場所を示す目印にもなりました。つまり一番上にあるのは「鯉ではないのぼり」なのです。

またこののぼりのカラーリングである「青・赤・黄・白・黒」は中国に起こり日本に伝わった陰陽五行説による「青=木、赤=火、黄=土、白=金、黒=水」に由来しています。

 
いかがでしたか?誰でも知っている「こいのぼり」。実は意外と深い歴史をもった文化だったんですね。今年はそんな歴史を感じつつこいのぼりを飾ってみてはいかがでしょうか?

 - こどもの日 , ,

  関連記事

【五月人形】誰が買うの? 昔は母方の実家が買っていた?

  5月5日はこどもの日ですね。新しくお子さんの生まれたパパ・ママの中 …

【こいのぼりの時期】いつまで飾るの?しまうタイミングは?

  こいのぼりを飾る際に問題になるのが、いったいこいのぼりをいつまで飾 …

【こいのぼりの時期】いつから飾るといいのか?

  5月5日はこどもの日ですが、こいのぼりを飾るご予定のある家庭も多い …

【こどもの日】柏餅やちまきを食べるのはなぜ???

  5月5日は「こどもの日」ですね。お子さんのために柏餅やちまきを購入 …

【五月人形】飾る時期に注意! いつ出していつしまうのか?

  5月5日の「こどもの日」には五月人形を飾られるご家庭も多いのではな …