話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【憲法記念日】どんな由来や意味のある日?なぜ日の丸?

 
「憲法記念日」って、名前は聞いたことがあっても具体的に何月何日なのか覚えている人って少ないですよね。国民の祝日の中でもなぜかマイナーな部類に入ってしまっている憲法記念日。今回はこの憲法記念日の意味や由来について一緒に見ていきましょう。
 

 

そもそも憲法記念日っていつ?

syukujitsu08_kenpou_nohi

ゴールデンウィーク期間中の5月3日が憲法記念日となっています。この祝日は、昭和23年に制定された「国民の祝日に関する法律」という法律により休日に定められました。

 

憲法記念日とは? 【由来や意味】

憲法記念日とは「日本国憲法が施行された日」が由来となっています。「施行」とはある法律が実際のその効力を持ち始める、という意味合いがあります。

1947年(昭和22年)5月3日、皇居前広場において昭和天皇臨席のもと「日本国憲法施行記念式典」が執り行われました。その式典の後、東京の帝国劇場において憲法普及会の主催のもと、「新憲法施行記念祝賀会」が催されました。

この「5月3日」という施行日については様々な議論がなされたようです。法律は通常「公布」といって、その内容が公に明らかにされる日(もちろんそれ以前に法律内容はメディアなどを通じて明らかになっているのですが)の半年後に「施行」され、実際に法律として力を持つようになるのですが、それゆえに議論では「公布日」をいつにするのかが論点になったようです。

議論の中では「11月1日」や「11月5日」も候補に上がったようですが、「メーデー」や「こどもの日」と重なってしまうため、「11月3日」に公布、半年後の「5月3日」に施行となりました。

 

なぜ日の丸の旗を出すの?

憲法記念日に街をよく観察してみると、いろいろなところに日の丸が掲げられているのを見つけることが出来ると思います。

では、なぜ憲法記念日には日の丸を出すのでしょうか。実は、これはハッキリとした決まりはないのです。ただ慣例として憲法記念日にかぎらず、「国民の祝日」は明治以来「旗日」と呼ばれ、国旗を出すようになっているのです。

国旗を掲げると理由としては、「国旗」とはそもそもその国家のシンボルマークであり、国民全体で祝日をお祝いするという意味があるようです。
 

いかがでしたでしょうか?ゴールデンウィークという大型連休の陰に隠れ、ちょっとマイナーな休日となってしまっている憲法記念日ですが、現在の改憲の有無等が議論されるようになっている今、また改めてその重みを感じられる日になるかもしれませんね。

 - 憲法記念日 ,

  関連記事

関連記事はありませんでした