話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【五月病とは】こんな症状が出始めたら・・・

 
5月といえば、「五月病」という言葉がよく使われる時期でもあります。では五月病とは具体的にどんな症状を指すのでしょうか?また、五月病にかからないための対策としてはどのようなものがあるのでしょうか?今回は、「五月病」の症状と原因、対策などについて解説してみたいと思います。
 

 

五月病の症状とは

gogatsubyou_man

五月病の症状としては、精神的なものが主となります。具体的な症例としては食欲が無い、不眠、疲労感、やる気の減退、気分の落ち込みなどがあります。まれに身体的な症状にまで発展することがあり、動悸や湿疹、じんましんや吐き気などが催されることがあります。

 

五月病の原因と対策 

五月病は主に新入社員や新入生に多い症状であると言われています。要するに、新年度を迎え、新しい環境に身を置くようになった人に多いのです。

原因としては次のようなことが挙げられます。4月にははじめての環境の中、緊張しながら物事にあたったり、やる気を出したりすることが多いのですが、一段落した5月頃になって、その疲れやストレスがいきなり反動として表れてしまいます。

五月病におちいりやすいタイプとして、真面目な人、完璧主義者などが挙げられることが多いようです。

対策としては、何と言ってもストレスを溜めないことに尽きると言われています。好きな物を食べる、お酒を飲む、気晴らしをする、ストレッチや軽いランニングをするなどが効果的です。

ストレスとは脳内ホルモンのアドレナリンとドーパミンが過剰分泌されたり、分泌のバランスが崩れてしまったりする時に顕在化するので、それを防止するため「脳内リラックス物質」である「セロトニン」が分泌されやすい、リラックスした脳の状態を作り出せばよいのです。

ただし、食べ物やお酒によるストレス解消は暴飲暴食、アルコール依存症につながることもありますのでそれはそれで注意が必要です。

 

五月病は正式には病気ではない?

正式な(精神)医学上は「五月病」という病名は存在しません。

現在の最もメジャーな精神障害の診断マニュアルである「DSM-5」では上記で「症状」として挙げられた食欲のなさや気分の落ち込みなどが2週間以上続く場合「気分障害」の「うつ病(うつ病性障害)」と診断されることがあります。

また4月に大いにハイテンションでやる気もあった人間がその後5月辺りに突然気力を失ってしまったという場合、「気分障害」のうち「躁うつ病(双極性障害)」が疑われることもあります。

つまり、「五月病」というのは、大きなくくりでは「軽度のうつ病」と捉えることができるのです。

 
いかがでしたか?「五月病」というと一過的な気分の変調といったイメージがりますが、実際はその人が元々精神面で抱えていた問題が、5月辺りで一気に顕在化するということが多いそうです。五月になってなんだか調子が悪い、と思った場合には、意識的にリラックスできる環境を作っていくと良いでしょう。

 - 五月病 ,

  関連記事

関連記事はありませんでした