話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【こどもの日】柏餅やちまきを食べるのはなぜ???

 
5月5日は「こどもの日」ですね。お子さんのために柏餅やちまきを購入されるという方、もしくはご自身で食べるという方、いろいろな方がおられると思いますが、一体なぜ「こどもの日」に柏餅やちまきを食べるのでしょうか?

また、そもそもなぜ5月5日が「こどもの日」なのでしょうか。今回は「柏餅、ちまき」そして「こどもの日」の由来について解説してみたいと思います。
 

 

こどもの日に柏餅を食べる理由

kashiwamochi3

こどもの日に柏餅を食べる理由には、いくつかの説があります。有力な説としては、柏の葉は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「子供が大きくなるまで親が死なない」ということの象徴とされたという理由があります。

ちなみに古来日本では「柏の木」は神聖な木とされてきました。それは、かつてまだ食器などがまた無かった時代、柏の葉は食器の代わりとして使われており、生活にかかせない木だったからなのです。また食料を蒸し焼きにするとき、柏の葉で包んで焼くということもありました。こうした食べ物を盛ったり包んだりする行為を、「かしわる」と言っていた時代があるようです。

 

こどもの日にちまきを食べる理由

こどもの日にちまきを食べる理由は、2000年以上前の中国の風習に由来しているとされます。

その当時の中国に屈原という詩人兼役人がいたのですが、国の行く末を悲観して川に身を投げ命を絶ってしまいます。

その死を悲しんだ人々が川にお供えをするのですが、屈原の下に届くまでに魚や悪い精霊にお供え物を食べられてしまいます。そこで人々は笹の葉で食べ物を包み、魔除けの糸で縛って川に投げ入れるようになったということです。

この風習が西日本に伝わり、西日本の人々はちまきを食べるようになりました。やがてこの風習が西日本から東日本に伝わり、大陸文化の影響の少なかった東日本では独自の風習として「ちまき」が「柏餅」に変化したと言われています。

 

こどもの日の由来とは?

こどもの日は古代の中国の「端午の節句」に由来します。「端午の節句」は「馬の日」という意味がありました。その理由としては、馬が月の干支の「5月」に当っていたからであると言われています。

またその当時中国では5月に「菖蒲(しょうぶ)」という植物の葉を使って厄除けなどをしていたのですが、これが日本に伝わったとき「菖蒲」と「勝負」の音が同じであったことから、武士の男の子供が立派に育つようにお祈りする日として鎌倉時代ころに現在のような「こどもの日」となったと言われています。
 

いかがでしたか?こどもの日とは非常に古い歴史と興味深いストーリー性を持った日だったんですね!

 - こどもの日 , ,

  関連記事

【こいのぼりの時期】いつから飾るといいのか?

  5月5日はこどもの日ですが、こいのぼりを飾るご予定のある家庭も多い …

【五月人形】誰が買うの? 昔は母方の実家が買っていた?

  5月5日はこどもの日ですね。新しくお子さんの生まれたパパ・ママの中 …

【こいのぼりの由来や意味】そもそもなんで飾るのか?

  5月5日は「こどもの日」ですね。こどもの日にはこいのぼりを飾るとい …

【こいのぼりの時期】いつまで飾るの?しまうタイミングは?

  こいのぼりを飾る際に問題になるのが、いったいこいのぼりをいつまで飾 …

【五月人形】飾る時期に注意! いつ出していつしまうのか?

  5月5日の「こどもの日」には五月人形を飾られるご家庭も多いのではな …