話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【東大寺修二会】週末の混み具合は?何時間並ぶのか?

 
さて、いよいよ今年も奈良東大寺の修二会の季節がやって来ました。

週末は混むので平日に休みを取るなどして見に行くという方も近年は多いようですが、もしそれが出来なかった場合、どのようなことに注意して行けばよいのでしょうか?というわけで、今回は週末の東大寺修二会について解説してみたいと思います。
 

 

東大寺修二会の週末の混み具合は?

kankou_toudaiji

最初に気になるのが、東大寺修二会の週末の混み具合ですね。まず、ハッキリ言っておくと週末の参拝の場合は相当に混雑するということを覚悟しておいたほうが良いと思われます。

通常東大寺の二月堂前には3000人以上が収容できるスペースがあるのですが、週末の場合にはその10倍とも言われる、およそ3万人がそこに詰め寄せると言われています。当日は警察官なども動員され、やや物々しい雰囲気になることもあるそうです。その混雑ぶりは東大寺の初詣参拝を超えるとも言われています。

 

よく見たいなら何時間前から並ぶとよいのか

東大寺修二会の最大の見所である「お水取り」は、例年19時から開始されます。平日の参拝である場合は、大体1時間ほど前に到着しておけば、真下にある「灰かぶり席」で間近に迫った火の粉を見ることが出来ると言われていますが、休日の参拝の場合は1時間前ではもう既に真下どころか後列までほぼ埋まってしまっているという状態です。

もし週末に参拝し、真下で「お水取り」を見るという場合であれば、遅くとも1時間半前、出来れば2時間前には到着して場所をとっておきたいものです。

 

その他注意点

その他の注意点としては、まず相当な数の人で混雑しますので、足元に気をつけるということです。二月堂前はより多くの人が見物できるように坂、段のような地形になっていますので、もし転んでしまったりすると大惨事に繋がる可能性があります。

またもう一つ気をつけるべきなのは寒さです。東大寺修二会の行われる3月上旬は、まだまだ寒いです。暖かい格好をする、カイロを持参するなどの工夫をして風邪などを引かないようにしましょう。また、トイレも大変な混雑が予想されるので、あらかじめ済ませておくなどしておきましょう。
 

いかがでしたか?いずれにせよ、週末の東大寺修二会はなかなかハードなスケジュールになることが予想されます。たっぷりと時間に余裕を持って行動して、大迫力の火の粉をじっくりと見たいものですね。

 - お祭り , ,

  関連記事

2015年気になる信玄公祭り~遠くから行く価値あるか?

  大河ドラマなどで人気を集めた武田信玄。そんな信玄公のお祭りが信玄公 …

【よさこいソーラン祭り】地元民には不評?! 批判多く、爆弾事件も…

  北海道札幌市の夏の風物詩といえば、そう、よさこいソーラン祭りですね …

【博多どんたく】日本一ゆる~い祭り?パレードの見どころは?

  “博多どんたく港まつり”というと、青森の“弘前さくらまつり”、広島 …

【横浜花火大会】穴場ベスト5をご紹介!

  横浜花火大会では毎年多くの人々が押し寄せ、なかなか良い場所を確保す …

飛騨名物! 春の高山祭りは秋とはどう違うのか?

岐阜県の祭りと言えば飛騨の高山祭り。秋の高山祭りが有名ですが、実は春にも祭りをし …

【葵祭の行列ルート】無料で見学できるベストスポットとは?

  葵祭は、祇園祭、時代祭のならぶ京都の三大祭りの1つです。その中でも …