話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

2015年流行のインフルエンザA香港型とは?

 
今年もインフルエンザが流行する季節となりました。まずは手洗いうがいを徹底しましょう!ところで、ニュースなどではよくインフルエンザに関して「香港型」、「A型B型」などという言われ方がなされていますが、これはどのような意味があるのでしょうか?今回は、「インフルエンザA香港型」について解説してみたいと思います。
 

 

インフルエンザA香港型とは?

kaze_woman

インフルエンザA香港型とは、全部で126種類あるA型インフルエンザウイルスの亜型の一つであり、正式にはH3N2亜型と呼ばれます。「香港型」というのは1968年に最初に香港で流行したということに由来します。このことからA香港型は「香港かぜ」とも呼ばれることがあります。

A香港型は主にヒト、ブタに感染するウィルスで、ヒトとブタの種の壁を乗り越えて感染することで知られています。また、1986年からは鳥に感染したA香港型ウイルスがブタを介してヒトに感染するということが初めて確認され、その後トリからヒトへの直接感染も可能であるということが判明しました。

 

インフルエンザA型にもいろいろな亜種がある?

前述のとおり、インフルエンザA型は全部で126種類の亜種(亜型)があります。A型インフルエンザウイルスは哺乳類を主とするさまざまな動物に感染し、変異を続けていきますが、その内ヒトに感染するのは現在のところ15種類程度であるとされています。

また、インフルエンザウイルスにはまだ未発見のものが多くあるとされ、未開の奥地に人間が入り込むことによって「未知のウイルス」が発見され、またそのウイルスが環境の変化によって変異を繰り返すことは今後も続くであろうと言われています。

 

インフルエンザA型とB型の主な違い

インフルエンザには内部のタンパク質の構造によってA型、B型、C型の3種類に大別されます。この内「C型」はほとんど重症化することはないので、あまり問題とされることはありません。

A型は元来ヒトを含む多くの哺乳類に共通して感染するウイルスとされてきましたが、前述のとおり近年鳥類にも感染するということが判明しました。

一方B型はかつてはヒトのみに感染するウイルスとされてきましたが、近年ではアシカにも感染するということが判明しました。感染した場合の重症度では「B型はA型に比べて弱い」ということが知られています。

 
いかがでしたか?インフルエンザA香港型はインフルエンザウイルスの中でも比較的強いウイルスであるとされています。かかってしまうと学校や仕事を何日もお休みしなければなりませんし、まわりの人に感染してしまうおそれもあります。日頃からしっかりと予防していきたいですね。

 - インフルエンザ , ,

  関連記事

【インフルエンザ対策】湿度を50%にすれば予防できる?

    本格的な冬の到来とともに悩まされるのが、インフルエン …

インフルエンザには風邪薬も効く?! 薬なしでも治るの?

毎年冬になると心配なのがインフルエンザですよね。 普通の風邪よりも感染しやすくて …

【インフルエンザ脳症】その症状とは?

  インフルエンザが流行する季節ですね。さて、インフルエンザと言えば度 …

【インフルエンザ】お風呂に入ってはイケナイ3つの理由

    ワクチンを接種して、つねにマスクをして、体を冷やさな …

【インフルエンザ】予防接種に最適な時期とその効果

    あなたは、毎年インフルエンザの予防接種をなさっていま …

インフルエンザ【B型】症状の特徴

  インフルエンザが流行する季節になりました。インフルエンザには「A型 …

【2015年インフルエンザ】A型B型症状の違いなど注目5記事まとめ

2015年もインフルエンザが猛威を振るう季節になりました。周りで誰かがインフルで …

インフルエンザ【A型】症状の特徴

  インフルエンザの流行する季節となりましたね。さて、ニュースなどでは …