話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【雛人形をしまう時期】しまい遅れる=婚期が遅れる?!?

 
ひな祭りが終わったあと、クリスマスツリーをしまうのがめんどくさいのと同じような感覚で雛人形をしまい忘れているご家庭はありませんか?雛人形って、大きくてかさばるし、何よりしまうのが本当にめんどくさい…。

お気持ちはとてもよくわかりますが、それが大事な娘さんの婚期を遅らせてしまうことになってしまうと知ったらどうでしょうか?ちょっと焦ってしまったお父さんお母さん、必見です。
 

 

雛人形はいつしまえばいいのか?

hinamatsuri_goninbayashi

基本的には、3月3日(地域によっては4月)のひな祭りが終わったらすぐに片付けます。また、人形の保存を考慮して湿気の少ない晴れの日を狙って片付けるのもいいですね。でもどうしてひな祭りが終わったらすぐに片付けないといけないのでしょうか?次項で確認していきましょう。

 

しまう時期の意味や由来

ひな祭りが終わったあとすぐに片付けないといけない理由として、雛人形は娘さんの代わりに厄を背負ってくれている、ということが挙げられます。いつまでも身近に置いておくことでその災いが戻ってきてしまうのを避けるために、できるだけ早めに遠ざけたほうがいいのです。

他には、季節の変わり目の「節句」であるため、次の季節が来る前には片付けておくという習わしもあります。次の季節を迎えるためには、前の季節のものを残しておかないということですね。

他には啓蟄(けいちつ)の日に片付けるという習わしも。現代だと3月5日か6日頃が当てはまるのですが、この日は春になって虫達が冬ごもりから目覚めるという日です。この日も季節の節目としてはうってつけの日なのでこの日に片付けるのもアリですね。

 

しまい遅れると娘の婚期が遅れる?!?

雛人形を片付けていないということは、その家の娘さんが面倒なお片づけもできないということになり、そのような女の子はなかなかお嫁に行けない、という言い伝えがあります。しまうのが1日遅れるごとに1年婚期が遅れることになるようです。実際片付けるのはお父さんお母さんですが、それが娘さんの嫁入りに関わってしまうことになるのなら大急ぎで片づけなくてはなりませんね!

 
でも中には、「娘はぜったいに嫁には出さん!」とばかり、わざと片付けを遅くしているお父さんもいそうですね。とは言え一生結婚出来ないなんて娘さんは悲しい思いをしてしまうでしょう。迷信といえど、娘さんのためにもできるだけ早めに雛人形は片付けてしまいましょう。

また、どうしてもすぐには片付けられないという場合には、雛人形を後ろ向きにしておきましょう。そうすることで、雛人形たちを「眠っている」ことにできるそうです。どうしても忙しくて・・・という方は是非これをお試しあれ!

 - ひな祭り , ,

  関連記事

ひな祭りの由来って?なんでちらし寿司を食べるのか?

  そろそろひな祭りの事が気になるシーズンですね。おひな様を飾って、そ …

【雛人形を出す時期】早く出す=早く嫁に出す?!?

  3月3日はひな祭り。女の子のいるご家庭では、早い時期からお雛様を飾 …

雛人形はこの時期に飾ると子どもが幸せになる?!

  3月3日のひな祭りももうすぐですね。雛人形を飾る準備をしているご家 …

桃の節句ってどんな意味があるの?縁起の良い食べ物は?

  3月3日(地域によっては4月)は桃の節句。女の子のいるご家庭では、 …

【雛人形】処分方法に困ったら

  女の子のいるご家庭では、雛人形を飾っている(いた)というところは多 …