話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

桃の節句ってどんな意味があるの?縁起の良い食べ物は?

 
3月3日(地域によっては4月)は桃の節句。女の子のいるご家庭では、早くも楽しみにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。お雛様を飾って、ちらし寿司を食べて…。1歳の女の子は初めてのお節句でお客様を呼んだりすることもありますよね。

でも、そもそも桃の節句ってどんな意味があるのでしょうか?お節句のときの食べ物って、どんなものが縁起がよいとされているのでしょうか?それでは見ていきましょう。 

 

桃の節句にはこんな意味がある

hinamatsuri_arare

桃の節句とは、一般的には女の子の健やかな成長を祈って行われる行事とされています。他にも桃の節句には、季節の節目を祝うという意味合いもあります。立春(2月4日)を過ぎ、空から降ってくるのが雪から雨に変わった頃に行われるのがひな祭り。

古来の日本から、季節の節目には厄祓いをする風習がありました。そのため雛人形は、娘の代わりに厄を背負い、厄払いしてくれる役割を持っています。ですので飾る時期は「何を行ってもよい日」とされている大安がいいとされています。

 

桃の節句の由来って?いつからはじまったの?

元々は中国から伝わった暦の上での節目の日で、その頃は奇数が重なった日に邪気をはらうものとされていました。しかし日本に伝わってきてからそれが徐々に変化していき、江戸時代には公的にお祝いの日として定められたそうです。しかし桃の節句は明治になると国民の休日ではなくなってしまいました。祝日ではなくなったものの、祝う風習はいまだに残っているというというわけですね。

ひな祭りは、江戸時代の京の貴族の女の子たちが遊んでいた人形遊びの「ひいな遊び」というものが庶民へと伝わり、だんだん人形を飾る風習になっていったと考えられています。ひいな遊びというのは今で言うとおままごとのようなものですね。人形遊びをするのは女の子ということから、桃の節句は女の子のための行事になったというわけです。

 

縁起の良い食べ物は?なんで縁起がいいの?

ひな祭りといえばちらし寿司。これが大好物という方も多くいらっしゃるかと思います。では、ちらし寿司は何故ひな祭りに食べられるようになったのでしょうか?

ちらし寿司の起源と言われているのは「昔の混ぜご飯」だった「なれ寿司」です。これはまだ酢のなかった時代に、お米に魚や肉などを乗せて発酵させて食べていたものです。ひな祭りにはこの「なれ寿司」に縁起のいいエビなどを乗せて食べており、それが時代とともに豪華に華やかになっていき、今のちらし寿司になったということです。

また、はまぐりのお吸い物も代表的なひな祭りの食べ物ですね。2枚の貝がぴったり合わさっている様子が夫婦仲良くしている様子と重なっていて縁起がよいとされています。

ひなあられも食べたことのある方は多いのではないでしょうか。でんぷんが多く健康によいことから、女の子が健康に育つようにという願いが込められているのです。
 
今年の桃の節句も、家族みんなが笑顔で過ごせるとよいですね。

 - ひな祭り , ,

  関連記事

ひな祭りの由来って?なんでちらし寿司を食べるのか?

  そろそろひな祭りの事が気になるシーズンですね。おひな様を飾って、そ …

【雛人形を出す時期】早く出す=早く嫁に出す?!?

  3月3日はひな祭り。女の子のいるご家庭では、早い時期からお雛様を飾 …

【雛人形をしまう時期】しまい遅れる=婚期が遅れる?!?

  ひな祭りが終わったあと、クリスマスツリーをしまうのがめんどくさいの …

雛人形はこの時期に飾ると子どもが幸せになる?!

  3月3日のひな祭りももうすぐですね。雛人形を飾る準備をしているご家 …

【雛人形】処分方法に困ったら

  女の子のいるご家庭では、雛人形を飾っている(いた)というところは多 …