話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【雛人形を出す時期】早く出す=早く嫁に出す?!?

 
3月3日はひな祭り。女の子のいるご家庭では、早い時期からお雛様を飾っておこうと張り切るお父さんやお母さんも多いのではないでしょうか。

でも、勢い余って早く出しすぎてしまうと、娘を早く嫁に出してしまうことになると聞いたことはありませんか?もしそうだとしたら、特にお父さんはちょっと不安になってきませんか?それは本当なのでしょうか?だとしたら、いつ頃飾るのが1番よいのでしょうか?それでは見てみましょう。
 

 

雛人形はいつ出すといいのか?

hinamatsuri_sanninkanjo

一般的に出すとよいとされている時期は立春の日(2月4日)から2月中旬にかけて。遅くとも3月3日、4月がひな祭りとされている地域もありますので、ひな祭りの前日までに出しましょう。また、出すのによいとされている日としては3種類のパターンがあります。

1, 雨水の日
雨水の日というのは現代でいうと2月19日頃。うるう年など年によっては18日になることもあります。冬の間に降り続けていた雪が雨に変わり、春が来たことを示す日であることから縁起が良い日とされているのです。

2, 立春

節分の次の日、立春。この日がよいとされているのは、漢字からわかるようにこの日から暦の上では春になり、縁起の良い日だからです。立春が1番わかりやすいので、出す時期をこの日!と決めている方も多いようです。

3, 2月の大安の日
何を行うのにもよいとされている大安の日。もちろん雛人形を飾ることもその対象に入っています。

では、何故上記のに飾ることがよいとされているのでしょうか。次項で見て行きましょう。

 

出す時期の意味や由来

なぜ雛人形を出す時期は上記の日がよいのか、というのは先ほども少しお話した通り、ズバリ「縁起の良い日」だからです。

雨水の日と立春の場合は季節の節目でもあるからということがまず挙げられます。立春の場合、前日は節分なので、鬼は外!とやってよくないことを追い払った翌日、なんとも縁起が良さそうな日ですよね。大安の日に出すのが良いというのは、もちろん縁起の良い日だから、という説明の必要はありませんね。

 

早く飾り出すと「早く嫁に出す」ことに??

雛人形は、「おだいり様とおひな様」という二体の人形で「婚礼の様子」を表現しています。つまり、おだいり様はお婿さん、おひな様はお嫁さんを表しているということです。このことから、雛人形を早く出してしまうことは、婚期を早くしてしまうということだ、と言われています。

「そんなの迷信!大丈夫」と言いたいところですが、とは言え可愛い可愛い娘さんを、早くお嫁に出したくないというお父さんが大多数でしょう。念には念を込めて、早く飾りたい気持ちを抑えて立春の2月4日以降に飾ったほうが良いかもしれませんね!

 - ひな祭り , ,

  関連記事

雛人形はこの時期に飾ると子どもが幸せになる?!

  3月3日のひな祭りももうすぐですね。雛人形を飾る準備をしているご家 …

【雛人形をしまう時期】しまい遅れる=婚期が遅れる?!?

  ひな祭りが終わったあと、クリスマスツリーをしまうのがめんどくさいの …

桃の節句ってどんな意味があるの?縁起の良い食べ物は?

  3月3日(地域によっては4月)は桃の節句。女の子のいるご家庭では、 …

【雛人形】処分方法に困ったら

  女の子のいるご家庭では、雛人形を飾っている(いた)というところは多 …

ひな祭りの由来って?なんでちらし寿司を食べるのか?

  そろそろひな祭りの事が気になるシーズンですね。おひな様を飾って、そ …