話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

河津桜まつり 駐車場はここがオススメ!

 
河津桜まつりに車で行ってみようと思っている方も多いのではないでしょうか?「河津桜」とは、静岡県賀茂郡河津町で毎年2月上旬から3月上旬にかけて見られるピンク色の強い花弁が特徴的な早咲きの桜です。毎年、川津町ではこの桜にちなんだ「河津桜まつり」が開催されます。

例年全国から多くの観光客が訪れる人気のイベントとなっていますが、遠方から初めて来られた方などはどこに車を止めればよいのか分からないという場合の少なくないようです。そこで今回は、2015年「河津桜まつり」のおすすめ駐車場を1位から3位までランキングとして紹介してみたいと思います。
 

 

おすすめ駐車場1位

hanasakajiisan

おすすめ駐車場1位は、モッフル専門店、伊豆黒餅本舗裏の駐車場です。モッフルとは、餅をワッフル状に焼いた食べ物で、独特の触感を持ち、ワッフルのようにフルーツやアイスクリームからチーズ、肉や魚、コロッケなどの揚げ物から漬け物まで様々な具材を挟んだり乗せたりして食べることが出来ます。駐車場は1台500円で、桜まつりメイン街道のすぐ裏に駐車することが出来ます。

 

おすすめ駐車場2位

おすすめ駐車場第2位は、山口駐車場です。山口駐車場は川津町浜77-3、民宿旅館「いとう」の前にあり、桜並木会場と直結しているので直線距離にして5メートル、数十歩で桜を見ることが出来ます。また、街の中心部まで入らないので渋滞に巻き込まれる可能性は低いというメリットもあります。

 

おすすめ駐車場3位

おすすめ駐車場第3位は、河津町役場駐車場です。この駐車場のメリットとしては、何と言ってもスペースが広いということ。また、すぐそばに故・飯田勝美さんが植えた河津桜の原木があるので、是非見てみると良いでしょう。
 

いかがでしたか?河津桜は故・飯田勝美氏が1955年(昭和30年)頃、2月のある日、偶然草むらの中で芽吹いていた桜の苗木を見つけ、それを現在地に植えたものが始まりです。1966年(昭和41年)から開花がみられ、1968年(昭和43年)ごろから勝又光也氏によって増殖され、今のようなたくさんの桜の木が見られるようになりました。

その後県有用植物園(現農業試験場南伊豆分場)、賀茂農業改良普及所、下田林業事務所(現伊豆農林事務所)、河津町等などがこの桜について調査をし、河津町に原木があることから1974年(昭和49年)に「カワヅザクラ」と命名されました。このように、多くの人々の多くの人々の熱意によって育て上げられてた桜の木。車で行ってみようという人は今回のおすすめ駐車場を狙ってみてくださいね!

 - お花見 ,

  関連記事

【弘前さくらまつり2015】今年の見ごろは?

  弘前の春と言えば弘前さくらまつり。弘前の桜が日本一と言われる由縁、 …

お花見の持ち物・必需品とは? 意外と忘れがち?!

  いよいよ待ちに待ったお花見!おしゃれもして、出かける準備はOK!と …

【高田の観桜会2015】今年の見ごろは?車はNG?

  日本三大夜桜のひとつとして知られる、新潟県上越市高田城で90回を数 …

【桜】開花後何日くらいで満開になるの?

  もうすぐ桜の季節となりますね。沖縄ではすでに1月下旬には開花が始ま …