話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

スポンサーリンク

立春とは?どんな意味がある日なの?

 
そろそろ立春ですね。「立春」って、聞いたことはあるけど実際何の日なのかよくわからない!「立春」と「春分の日」の違いって何?という人は意外と多いものです。というわけで今回は、「立春」について解説してみたいと思います。
 

 

そもそも立春てなんの日?

sakura_hanabira

「立春」とは、1年を24等分した名称である、「二十四節気」の一つで、おおよそ2月4日ごろとされています。「二十四節気」は地球から見た太陽の角度によって決められており、その太陽の角度が315度に到達した時に「立春」となります。

ですが、315度に到達する日時は、その年によって若干のズレを生じますので、まれに2月3日に前倒される年もあります。暦の上ではこの日から5月7日ころの「立夏」までが「春」とされます。つまり「立春」とは春の第一日目であり、その前日の節分は冬の最終日ということになるのです。

また、立春は1年の内で最も寒い日とされており、立春を過ぎると気候は徐々に暖かくなると言われており、九州では立春を過ぎると梅の花が咲き始めると言われています。

 

なんで春が立つと書くのか?

「立春」は「春が立つ」と書きますが、これはなぜなのでしょうか?かつての中国では皇帝や王が「二十四節気」にもとづいて「今日から春だ」「今日から夏だ」という具合に季節の変わり目を宣言するという習慣があったとされており、皇帝や王が春を宣言する日が立春とされていたのです。

これは「立春」だけでなく「立夏」「立秋」「立冬」全てに当てはまります。ですので、正確には「立春」とは「春が立つ」日ではなく、皇帝や王によって「春が立てられる」日ということになるのです。

 

立春と春分の違いとは?

「立春」と「春分」はなんだか似たような名前ですが、意味は全く異なります。「立春」は先に述べたとおり1年を24等分した暦である「二十四節気」内の一つであり、2月の4日ごろとされております。一方で春分は、地球から見た太陽の1年を通した移動の軌跡である「黄道」が地球の赤道を宇宙まで延長した円である「天の赤道」と年に二回交わる日の内の一回(もう一回は「立冬」)とされています。春分の日はだいたい3月の20日から21日ごろとされています。
 

お分かりいただけましたか?立春とは1年を24等分した暦の内の一つで、春分の日とは全く意味が異なるのです。さて、立春はもう間もなくやってきます。もしよろしければ、こういう話を周りの人たちにしてみるのも面白いかもしれませんね。

 - 季節の行事, 立春 ,

  関連記事

お彼岸とは?お盆との違いってなに

  お彼岸とはどんな日なのでしょうか?お盆と同じようなものなのでしょう …

八十八夜ってどんな意味があるの? お茶摘みをする日?

  八十八夜って聞いたことはあっても具体的にいつなのか、何の日なのかっ …