話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

八十八夜ってどんな意味があるの? お茶摘みをする日?

 
八十八夜って聞いたことはあっても具体的にいつなのか、何の日なのかって意外とわからないですよね。調べてみると、八十八夜はお茶摘みや農業などと関係が深いということがわかりました。そんな八十八夜、さっそく一緒に見ていきましょう。
 

 

そもそも八十八夜っていつ?

88

八十八夜とは、立春の日(2月4日)から起算して88日めの5月2日のことをさします。つまり、春が来てから88回夜を越しましたよ、という日なんですね。では具体的にはどんな意味がある日なのでしょうか。

 

八十八夜ってどんな意味があるの?

八十八夜とは、農業、特にお茶栽培をしている日には重要な意味のある日です。八十八夜は古くから「春から夏に移る節目の日」だとされており、ちょうど気候が安定してくる時期なのです。

八十八夜は、お茶摘みやお米の種植え、そして蚕がまゆを作る時期で、農作業をする人にとってはちょうど節目の時期にあたります。簡単に言えば、八十八夜は「季節の変わり目」の日なんですね。

 

八十八夜の由来とは?

かつて農家の人々は、1年を24等分にした「二十四節季」という細かな季節わけを目安にして農作業を行っていました。

24個も季節があるだけでもビックリですよね。ところが、農業をするには自然の微妙な変化を感じ取らないといけないため、「24個では全然足りない!」ということになり、より細かく季節を分けていくための「雑節」(ざっせつ)というシステムが出来上がったのです。そしてこの雑節のうちのひとつが「八十八夜」なのです。

 

八十八夜とお米の意外な関係?!?

taue_man

「八十八」という漢字を上から並べると「米」という字に似ていますね。このことから八十八夜とは米農家の人たちにとっては縁起担ぎの日でもあります。

米は新潟や秋田など、寒い地域での生産が有名ですが、こうした寒く冬の長い地域でも、八十八夜の5月2日ごろになると田んぼに霜がおりなくなり、いよいよ田植えが出来る時期となります。このことから、「八十八夜の別れ霜」という言葉が生まれました。

そんなわけで毎年八十八夜になると全国各地で豊作を願う行事が行われているのです。

 

八十八夜とお茶摘みの関係

drink_chabashira

八十八夜はちょうどお茶が一番おいしくなる時期でもあり、この時期に摘まれた新茶はその抜群のおいしさで古くから人気がありました。この時期の新茶は特に栄養を沢山蓄えているため、テアニン(旨味成分)が豊富に含まれていて風味抜群のまさに旬の味とされています。

 
というわけで、今回は八十八夜について一緒に見てきましたが、いかがでしたでしょうか? 春から夏に移る節目の日である八十八夜。「八十八」という字は「末広がりで縁起が良い」とされていることもありますので、今年の夏支度はこの時期から始めてみてはいかがでしょうか。なにか良いことが起こるかもしれませんね♪

 - 季節の行事 , ,

  関連記事

立春とは?どんな意味がある日なの?

  そろそろ立春ですね。「立春」って、聞いたことはあるけど実際何の日な …

お彼岸とは?お盆との違いってなに

  お彼岸とはどんな日なのでしょうか?お盆と同じようなものなのでしょう …