話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

お彼岸とは?お盆との違いってなに

 
お彼岸とはどんな日なのでしょうか?お盆と同じようなものなのでしょうか?お盆は「お盆休み」と言いますが、お彼岸に「お彼岸休み」はありませんよね?今日は意外と知られていない「お彼岸」について、お盆と比べながら一緒に見ていきましょう。
 

 

お彼岸とは

flower_ohigan_obon_kiku
 
お彼岸というのは春と秋、年に2回あります。一般的には、春分の日、秋分の日の前後3日間を含む1週間のことを「お彼岸」と呼んでいます。

お彼岸と言えばお墓参りをイメージするのではないでしょうか?「彼岸」という言葉は仏教で「極楽浄土・悟りの地」という意味があり、つまり「死後の世界」をさす言葉です。というわけで、お彼岸にお墓参りをするのには、「ご先祖さま、極楽浄土で安らかに眠っていてくださいね」という気持ちを込めて「向こうの世界にご挨拶に行く」という意味があった、ということなんですね。

まとめると、お彼岸とは年に2回、「亡くなった人の近くにこちらから挨拶に出向く」期間のことを言うのです。ちなみに、お彼岸にゆかりのある和菓子として、春は「ぼたんの花」にちなんだ「ぼたもち」、秋には「はぎの花」にちなんだ「おはぎ」が有名ですね。

 

お盆とは

お盆と言えば盆踊り!というイメージが強いですが、なんでお盆にお祭りをするのでしょうか?

実はお盆というのはお彼岸とは逆に「ご先祖様が向こうの世界からこちらの世界に遊びに来る」期間なのです。(正直ちょっと怖いですが・・・)そんなご先祖様の里帰り(?)を盛大に祝うために町をあげてお祭りをし、太鼓をたたいたり踊ったりして盛り上がるのが「盆踊り」というわけです。そう言われるとなんだか納得ですよね。

お盆の期間は8月15日の前後4日間というのが一般的のようです。ただ、この期間は地域によっても異なっており、関東の一部地域では7月15日の前後4日間に行われているようです。

具体的には、13日が「迎え日」と言って、亡くなった人がこちらの世界に遊びにくる日です。そして16日は「送り日」と言い、亡くなった人が又あちらの世界へ戻っていく日とされています。

 

お彼岸とお盆の違いを簡単に言うと

それではもう一度お彼岸とお盆との違いを簡単におさらいしてみましょう。

まずお彼岸。これは年に2回、春と秋に1週間ずつ訪れる期間で、「私たちがご先祖様の世界にお参りに行く日」です。こちらから訪問するわけですのでお祭りはせず、代わりにお線香やお花を捧げたり、お墓掃除をしたりします。

そしてお盆。これは夏に1回行われる行事で、「ご先祖様の方から私たちの世界に遊びに来てくれる日」です。せっかく年に1回だけ戻ってきてくれるのですから、こちらの世界ではお祭りをして飲めや歌えやで盛大に歓迎して「私たちも元気でやってますよ~!」とご先祖様に伝えてあげる日なのです。

以上、いかがでしたでしょうか?今回は「お彼岸とお盆との違い」について一緒に見てきました。こうして意味や由来を知ってみると、今まで何気なく行ってきた年中行事を新しい視点で見ることができて面白いですよね。他にも年中行事はたくさんあるので、一度その由来を調べてみてはいかがでしょうか。意外な発見があるかもしれませんよ!

 - 季節の行事 , ,

  関連記事

八十八夜ってどんな意味があるの? お茶摘みをする日?

  八十八夜って聞いたことはあっても具体的にいつなのか、何の日なのかっ …

立春とは?どんな意味がある日なの?

  そろそろ立春ですね。「立春」って、聞いたことはあるけど実際何の日な …