話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【節分といわし】なんでいわしを食べるの?赤鬼もビックリ!

 
あなたの住んでいる地域では、節分にいわしを食べるという風習はありますか?これを読んでいる方の中には「そんな話聞いたこともない」という人もいるかもしれません。ですが、関西地方や福島県から関東にかけては、節分にいわしを食べ、そのいわしの頭を柊の枝に挿し、玄関先に置いたり、縄で吊るすという風習が一般的なのです。今回はこの「節分いわし」の風習について解説してみたいと思います。
 

 

なぜ節分にいわしなのか?

fish_iwashi

節分に何故「いわし」を食べなばならないのか?そのハッキリとした由来は今以ってわかっていないようです。ただ、いわしに含まれるDHAやタウリンやカルシウム、鉄分が冬場の健康に必要とされていた。あるいは干物等で保存が効く食料だった、などの理由が考えられるそうです。

 

柊の枝にいわしの頭を・・・

柊の枝にいわしの頭を挿すという風習、あなたのご家庭ではやっていますか?あるいは今までに見たことがありますか?この風習は西日本や福島から関東にかけて見られる風習で、古くは平安時代の歌人、紀貫之によって書かれた「土佐日記」に正月に家の門先に注連縄を飾り、そこに柊の枝とボラの頭を結びつけていたという記述があることから、平安時代には既に西日本ではこれに近い風習が行われていたとされています。

 

鬼といわしの意外な関係

「いわし」は「鬼」と非常に深いつながりのある魚であるとされています。まずいわしは焼くときに他の魚よりも多くの煙が出るそうですが、これが鬼を追い払うとされています。

実際には備蓄した米を食い荒らすコクゾウムシを駆除する効果があるとされていますが、昔は害虫の発生など、良くないことはすべて「鬼、悪霊のしわざ」ということになっていたのです。また、いわしは焼くときにとても強い臭いを発し、鬼はその臭いが苦手であると言われています。

ですが、それとは反対に鬼がその臭いを好んでいると言われている地域もあり、それによると、まず鬼の好むいわしの臭いで鬼をおびき寄せ、その上で柊にあるトゲで鬼の目を刺すとのことだそうです。「節分いわし」の風習は、やはり豆まきと同じように鬼に由来するようです。こうした風習が「いわしの頭も信心から」ということわざを生み出したという説もあります。また地域によってはいわしの代わりににんにくやらっきょうを用いるところもあるようです。

いかがでしたか?節分にいわしという組み合わせにも、やはり鬼が関係していたのですね。これを読まれたみなさんも、いわしなど魚を食べて、元気に冬を乗り切ってはいかがでしょうか。

 - 節分 ,

  関連記事

【節分】豆まきの由来とは? そもそもなんで豆をまくの?

  2月といえば節分で豆まきをする人も多いのではないでしょうか。ですが …

3歳児でもわかる【節分の由来】 謎を解明!

  2月の行事といえば真っ先に思いつくのが節分ですね。ですが、あなたは …