話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

春分の日の意味って? 春分の「分」とは?

毎年3月の20日、または21日は、「春分の日」として休日となっています。では、「春分の日」とはそもそもどういう意味で祝日となっているのか、また「春分の日」の「分」とは一体どういう意味なのでしょうか?今回は、「春分の日」について解説してみたいと思います。
 

 

春分の日の由来

syukujitsu04_syunbun_nohi

春分の日は、1948年(昭和23年)に取り決められた「国民の祝日に関する法律」によって定められました。それ以前は、「春季皇霊祭」とされ、天皇や皇后の祖先の霊を祭る日という意味での祝日とされていました。ではなぜ3月の20日、または21日でなければならないのでしょうか?それには次の意味があるのです。

 

春分の日にはどんな意味があるのか?

まず、地球から見た空(宇宙)をあえて球体として描き出すと、太陽は星座などの星々の間を1年かけて移動しているように見えます。この時の太陽の通り道を「黄道」と言います。また地球の赤道の円形を宇宙まで延長した時の線を「天の赤道」と言います。

地球は地軸が傾いているため、太陽に対して赤道が並行に回っているのではなく、ずれた状態で回っていますので、地球から見た黄道の円と天の赤道の円が交わるのは1年(1公転)につき2回ということになります。

そのうち、3月の20日または21日ごろに交わるのを「春分の日」といい、9月23日ごろに交わるのを「秋分の日」と呼ぶのです。21日「ごろ」であるのは、地球の1年(1公転)が正確に365日というわけではなく、実際には約365.24219日であり、およそ0.24219日=6時間(4分の1日)弱の遅れが発生するからです。

というわけで、春分の日は年々遅くなっていくはずなのですが、実際には4年に1度「うるう年」が存在し、4年分の遅れがリセットされるというわけです。春分の日の意味としては「自然をたたえ、生物をいつくしむ」とされており、春の芽吹きや冬眠からの目覚めなどと関係があるとされています。

 

春分の「分」ってなに?

春分の日の「分」とは割り算と同じで「分割する」つまり「半分にする」という意味を持ちます。

三国志の諸葛亮孔明は「天下三分の計」と言っていましたが、これは「天下を3分割する」という意味です。「三分」であれば「3分の1」であり、単なる「分」であれば「2分の1」という意味です。

古代の中国の陰陽思想では、「夜と昼」を「陰と陽」と考えていましたので、春分の日、秋分の日は「1日のうち昼と夜の時間がちょうど半分にされる」ということとなり、特別な日とされました。

ですが、それはあくまで古代の話であって、現代では春分の日、秋分の日だからと言って昼夜の時間がちょうど2分割されるということは無いとされています。

 
どうでしょう、お分かりいただけましたか?「春分の日」とは意外と複雑な背景、意味がある祝日だったのですね。

 - 春分の日 , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした