話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

建国記念日の由来とは? なんで2/11なの?

毎年2月11日は「建国記念日」ということで休日となっています。ではなぜ2月11日なのか?そしてそもそも「建国記念日」とは何があり、どんなことに由来する日なのか、意外と知らない人も多いですよね。そこで今回は、「建国記念日」について解説してみたいと思います。

 

建国記念日の由来

「建国記念日」とは、正式には「建国記念の日」と言い、もともと1872年(明治5年)に勅令(天皇の直接発する命令)である「休日ニ関スル件」において「紀元節」という名前で祝日として制定されました。

ところが太平洋戦争後、日本を占領していた連合国総司令部(GHQ)の指導のもとで1948年の「国民の祝日に関する法律」が制定されるに伴い、「休日ニ関スル件」が廃止されたため、建国記念日は一旦はなくなりました。

しかしその後1957年には自民党の衆議院議員などの働きかけにより、建国記念日制定のための法案提出などが始まり、1966年6月25日に「建国記念の日」を定めた祝日法改正案が成立することで祝日として復活しました。

 

なんで2/11なの? 本当に日本は2/11に建国したの?

戦前には西暦と元号の他に、「皇紀」という年号が使われることがありました。「建国記念日」は、その「皇紀」で言うところの「皇紀元年」の1月1日に、初代天皇である神武天皇が始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)として即位した日に由来します。

ここで言う1月1日とは、江戸時代までに主に用いられていた「太陰暦」に基づく月日に由来し、それを明治以降現在まで用いられている太陽暦に変換すると2月11日になるというわけです。

 

建国記念日は弥生時代にはじまった?

神武天皇が即位したのは西暦に換算すると紀元前660年であると言われています。この神武天皇はその存在はほぼフィクションであると言われており、そのためこうした歴史的な出来事の事実性に関しても「建国記念日」の科学的な裏付けはほぼ無いとされています。

ただ、紀元前660年とは、日本史上の時代区分で言うとちょうど弥生時代の前期にあたり、弥生時代というのは縄文時代とは違って戦争などの痕跡が遺跡などから見て取れることから、この時代に主に近畿圏を中心として豪族同士での戦争があり、そうした状態から少しずつ後に大和朝廷となる権力的な基盤ができ始めていたということは確かであるようです。

弥生時代の戦乱を勝ち抜き、大和朝廷を成立させた豪族が、自ら部族の歴史や正統性を主張するという目的で紀元前660年という時代を建国時期として選んだものと思われます。
 
いかがでしたか?「建国記念日」とは日本神話において初代天皇が即位した日なのです。また、こうした神武天皇やそれ以前以後の神々や人物が描かれた「古事記」「日本書紀」などは、読み物としてもなかなか面白いので、興味を持たれた方はぜひ読んでみてくださいね。

 - 歴史 , , ,

  関連記事

226事件と515事件とは何が違うのか?

  日本の近代以降の歴史の重大事件と言えば、226事件と515事件が有 …