話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

226事件と515事件とは何が違うのか?

 
日本の近代以降の歴史の重大事件と言えば、226事件と515事件が有名です。でもどちらも数字が並んでいるだけで具体的なイメージがわきづらい!覚えにくい!という人も多いようです。そこで今回は、両方の事件のあらましと覚え方のポイントを教えちゃいます。
 

 

226事件とは?

job_seijika_man

1936年<2月26日>に起きた事件なので226事件と名付けられました。

当時の日本陸軍には「皇道派」と呼ばれるグループと「統制派」というグループが存在し、両者は激しく対立し、内戦の可能性もあるという状況でした。両者の主張の違いとしては、皇道派は軍事力でクーデターを起こし、政府を倒して天皇によって直接政治が行われる国を作ろうという考えを持っていたのに対し、一方統制派は陸軍大臣のもとに陸軍が一丸となって議会などに圧力をかけて内側から国家を改造しようという考えを持っていました。

226事件はこの「皇道派」が起こしたクーデター事件です。事件の背景としては都市部と地方での経済格差がありました。当時の教育では「国民は天皇の子供」とされ、「天皇の下で国民は皆平等」という考えが共有されていたのですが、実際には東京などの都市部は非常に反映する反面、東北などの地方の農村部は江戸時代と大差無い生活水準が続いていました。

日本陸軍というのは元々徴兵制によって地方の農家の次男三男が集められて出来た組織でしたから、兵士達の中にはそうした矛盾に苛立ちを覚え、また当時はソ連の台頭で革命思想や社会主義の影響もあり、「天皇の下で平等な社会を実現させよう」というグループが出来ました。これが「皇道派」です。

皇道派は2月26日に決起して総理大臣を始めとする閣僚の自宅や、総理大臣官邸、警視庁、陸軍省、参謀本部、東京朝日新聞を襲撃し、陸軍教育総監・渡辺錠太郎、内大臣・斎藤実、大蔵大臣・高橋是清などを殺害し、「天皇による直接政治」(昭和維新)の声明を発表しましたが、その後に投降を呼びかけられ、組織は解体してしまいます。

その後首謀者の一部は自決し、それ以外は処刑され、下級兵士たちは冤罪されましたが後の太平洋戦争では優先的に激戦地に送られ多くが戦死しました。

 

515事件とは

515事件は226事件の4年前、1932年の<5月15日>海軍の若手将校たちが起こした事件で、当時の総理大臣であった犬養毅が暗殺されました。

515事件は226事件と違って特に思想的な対立があったわけではなく、世界恐慌の影響と1930年のロンドン海軍軍縮条約への署名による海軍予算の削減への反発が主な要因ですが、こうした海軍内部での不満を利用して革命を起こそうとしていた大川周明などの国家社会主義者が武器の提供などの協力をしました。

事件の後海軍将校たちは逮捕され、極刑に処せられるはずでしたが、政党政治の腐敗への反発から世論では反対運動が起き、結果的に減刑処置がなされました。

 

226事件と515事件の違いはここ!

226事件と515事件の違いを簡潔にあげるとすると、次の3点です。

・226事件は515事件のあとに起きた
・226事件は陸軍、515事件は海軍の軍人が起こした
・226事件は政府への内戦・内乱、515事件は政治家個人を狙った暗殺

 
この3点が大きな違いです。

いかがでしたでしょうか。226事件と515事件では、226事件のほうが最初に起きたような印象を持たれがちですが、実際には515事件の方が先に起きました。この時代はこれら以外にもテロや暗殺が非常に多い混沌とした時代でしたので、興味のある方は調べてみてくださいね。

 - 歴史 , ,

  関連記事

建国記念日の由来とは? なんで2/11なの?

毎年2月11日は「建国記念日」ということで休日となっています。ではなぜ2月11日 …