話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

送別会で司会を任されたら~恥をかかない挨拶のコツ!

今年も春の送別会シーズンがもうすぐそこまで来てますよね。

sakura

そこで今回は、幹事マニアというかフリークのわたしの経験も交えて、送別会で司会を任されたらどうすればいいのかということをお話します。それではいきましょう。「恥をかかない送別会の『司会編』」です。

 

送別会の流れ

まず、一般的な送別会の流れは次のようになっています。

1、開会の言葉→2、挨拶→3、乾杯→4、食事・歓談→5、贈る言葉(送る側)→6、送別のプレゼント・花束贈呈→7、送られる側の挨拶→8、閉会の挨拶・手締め→9、お開きと2次会への案内

※余興をはさむ場合もあります。

以上のうち、1~4が「最初の挨拶に含まれる」と考えるとよいでしょう。それでは実際にはどのようなセリフを言えばよいのでしょうか?

 

送別会での司会者の挨拶

まず最初の挨拶(開会の言葉)は、幹事・司会進行係がおこないます。次のような挨拶をすると良いでしょう。

「みなさんお疲れさまです。これより、○○さんの送別会を開きたいと思います。本日司会進行をさせて頂きます、(自己紹介する)よろしくお願いします。」

「それでは、最初に、 ○○(役職名)により、ひとことご挨拶を頂ければと思います。○○(役職名)、それではよろしくお願い致します。 」(司会)

※出席者の中で最上席の役職の方にお願いするのが普通です。
※挨拶と乾杯はそれぞれ別の人でなくてもく、続けて同じ人でもいいです。

「○○(役職名)ありがとうございました。それでは、続きまして乾杯の言葉を○○(送られる方の直属の上司)にお願いしたいと思います。皆様グラスのご用意をお願いします。」(司会)

ここで乾杯担当の方が音頭をとり、乾杯します。乾杯の後はすかさず次のセリフでお食事につなげましょう。

4、「それでは皆さん、お食事の用意も出来ておりますので、しばらくの間はくご歓談下さい。」 (司会)

以上が一般的な流れです。参考にしてみてくださいね。長い挨拶は場がシラケますので上記のシナリオのような簡潔な方が良いと思います。乾杯の前の最上席の上司にお願いする場合時間を1分位と時間を区切った方が良いですよ。

 

送別者の経歴紹介は必要か?

皆さんこれも悩みますよね。

一般的には必要とされています。それは、送られる側の人と関係性の薄い人や、新入社員のように関係の短い人もいるので、経歴や功績の紹介は必要と考えられています。誰がどのタイミングで紹介するかは状況によっても違うようですが、主に次の3パターンあると覚えておけばよいでしょう。

・最初の挨拶(開会の言葉)のタイミングで司会が紹介する
・贈る言葉を述べてもらう前に司会が紹介する
・上司からの挨拶をする前に上司本人から紹介してもらう

これはあらかじめ上司と相談しておきましょう。

 

送別会での司会の注意点は?

司会者は進行役ですので、次の点が一番重要です。会が成功するかどうかがかかっています。参加者全員(送られる側はもちろんのこと)に満足してもらう必要があります。そして、参加者全員に喜んでもらい思い出に残るような会にしなければなりません。

また、参加者が歓談している間、幹事は料理や飲み物に気配りをしますので、司会者は頃合いを見計らいながら会を進行しなければなりません。

司会者が参加者全員に満足してもらうためには、会に適した計画性や企画力、実行力、決断力 、協調性、機転、そして自身のテンションなどが求められます。

挨拶時の注意点は主に次の4点です。

「長いスピーチは嫌われる」(長くても1分程度)
「自分の正直な気持ちを伝えること」
「自分自身の言葉で」
「在職期間などは正確に」(要点はメモしておく)

 

その他ここにも気を付けよう

送別会の開始の前に責任者(上司)と幹事には挨拶をする。プログラムに合わせ、司会進行を行います。(順番を間違えると大変なことになるので、メモする)送別会終了後には、主役や責任者、幹事にお礼の挨拶をする。

皆さん参考にしてくださいね。送別会は会社行事なので業務と一緒です。
活用して、「仕事が出来る」という評価をもらえるようにしましょう!

 - 送別会 , ,

  関連記事

送別会の挨拶(送る側)でおさえたい3つのチェックポイント!

今年も春の送別会シーズンがもうすぐそこまで来てますよね。そこで今回は、幹事マニア …

送別会 送られる側の挨拶のポイントとは?これでスベらない!

春は別れのシーズンでもありますね。 今回は、幹事マニアというかフリークである筆者 …