話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

スポンサーリンク

【喪中はがきの返事】相手に失礼にならないためにここに注意

 
1
 
11月の終わり頃から12月の始めにかけてちらほらと届くのが、「喪中につき新年のご挨拶を控えます」というお知らせのはがきです。

このお知らせをいただくと、こちらからも新年のご挨拶を控えることになりますね。

ですが、この喪中はがきはいただくだけでこちらから何かしらのお返事をする必要はないのでしょうか?

あるいは、年賀状のやりとりをするときにお互いの近況を伝え合っている方には、やはり欠かさずなんらかのご挨拶をしたい…と思うこともあるのではないでしょうか?

そこで今回は、喪中はがきをいただいた際に、お返事は必要ないのか?

また、どのようにお返事を差し上げるのがよいかを調べてみました。さっそくご紹介してまいります。
 


 

返信はすべきか?

 
2
 
まず一番に気になるのがこれです。お返事はするべきなのでしょうか?

ちなみに筆者が過去に喪中欠礼のはがきを出したときには、どなたからもお便りをいただくことはありませんでした(ごく親しい友人がメールをくれたことはありますが)。

念のため、数名の知人に聞いてみたところ、やはりお返事をいただいたことはないようです…。

まず、原則的に、お返事は必要ありません。

とくに、お通夜やお葬式などに参列して、すでに弔問を済ませている場合は不要です。

とはいえ、「お返事を出してはいけない」という決まりごとがあるわけではありません。

先方や、お亡くなりになったご家族と親しい間柄だったので、お悔やみの気持ちを伝えたい…という場合は、ぜひお返事を出しましょう。

ただその場合でも、お身内が亡くなられてまだ日が浅かったり、天寿をまっとうされずに亡くなったりと、先方のご家庭やお気持ちがまだ落ち着かれていないだろうと思うときは、少し控えたほうがよいかもしれません。

寒中見舞いで返信する

 
3
 
さて、お返事を出すとしたらどのような形式のお便りがよいのでしょうか?

このような場合には、「寒中見舞い」がよいでしょう。これは、松の内が明けてから立春のころに出す、お見舞い状のことです。

内容としては、寒さの厳しい時候での先方の様子を気づかうものです。

豪雪地帯など、寒さの厳しい地域でよく使われているそうですが、時季的に、喪中はがきへのお返事や喪中にいただいた年賀状へのお返事に使うこともできます。

ちなみに、松の内は関西で1月15日まで、関東では1月7日までと、地域によって違いがあるようです。

出すときには先方のお住まいの地域の松の内を確認するか、分からないなら1月の終わりごろまで時間をおくなどして、少し気をつけましょう。

寒中見舞いの例文

 
4
 
では寒中見舞を出すとして、いったいどんな風に書けばよいのでしょうか?

「寒中お伺い申し上げます。この冬の寒さは格別ですが、ご家族の皆様はいかがお過ごしでしょうか」

こういった書き出しが一般的です。

暑中見舞いの冬バージョンですね。

この後に続けて、親しい間柄であれば近況報告をしたり、喪中はがきによって初めてご不幸があったのを知った場合はお悔やみを伝えたりすることができます。

「平素ご無沙汰をいたしておりまして、○○様ご逝去のことを存じ上げませず、たいへん驚いております。遅ればせながら、謹んでご冥福をお祈り申し上げます」

なお、打ち解けた間柄であってもめでたい言葉をつかった文章をつくるのは控えましょう。

お香典はどうするべき?

 
5
 
喪中はがきで初めてご不幸を知った場合、悩ましいのがお香典ですよね。

おそらく、先方としてはお香典はいただかなくても…という気づかいがあって、喪中はがきでのご連絡になったということが多いのではないかと思います。

この場合は、あえてお香典を送ったりすると、先方に気づかいさせてしまうことになりかねません。

そうはいっても、なにか自分の気持ちをお伝えしたいということはあると思います。

もしどうしてもお香典を送りたいとお考えならば、1000〜2000円ていどの少額にして、香典返しなどを辞退できるようにしましょう。

お金ではなく、お線香やお花をおくって「仏前にお供えください」とひとこと添えるのもよいでしょう。

ご不幸ごとがあったおうちでは、想像以上に落ち着かない時期を過ごしていらっしゃることがあります。

なるべく、わずらわせないように気をつけましょう。

行き違いで年賀状を出してしまった!どうすればいい?

 
6
 
年の瀬ちかくになってからのご不幸ごとで、こちらが年賀状を出してしまったあとに喪中はがきをいただいた…というケース、実はよくあるのではないでしょうか。

この場合は、すぐにお詫びの挨拶状を出しましょう。

この挨拶状には、以下の点が必ず含まれるようにしましょう。
 


・喪中はがきで初めてご不幸を知ったことへの謝罪

・行き違いで年賀状を出してしまたったことへの謝罪

・お悔やみが遅れてしまったことへの謝罪

・あらためて、きちんとお悔やみを申し上げること

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

なるべく失礼のないように、けれど先方を思いやる気持ちがうまく伝わるように対応できるとよいですね。

 - 未分類 , ,

  関連記事

【スタッドレスタイヤの寿命】簡単なセルフチェック方法もご紹介♪

    真冬の車の必需品といえばスタッドレスタイヤですね。 …