話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【インフルエンザ】お風呂に入ってはイケナイ3つの理由

 
1
 
ワクチンを接種して、つねにマスクをして、体を冷やさないようにして…と気づかっていてもかかってしまうこともあるインフルエンザ。

高熱が出ると食欲が落ちたりもして、なかなか辛いものですよね。

さて、インフルエンザになると、お医者さまからお風呂に入らないようにと注意されることがありますよね。

熱が出ているときの汗って、体にまとわりついてなんだかイヤな感じがするので、お風呂ですっきり流してしまいたいのに…。

鼻水や咳で痛めた鼻・のども楽になりますしね。

でも、お風呂に入らないほうがいいというのには、それなりの理由があるんですって。

今回の記事では、インフルエンザにかかった後のお風呂について、入ってはいけない理由や病み上がりのお風呂の入り方など、豆知識をご紹介いたします。
 


 

理由その1:体力を消耗してしまう

 
2
 
お風呂に入るとリラックスできるし、体は温まるし、疲労が回復するのだから、むしろ入ったほうが良さそうです。

でも、実はお風呂に入るというのは体力を使うことなのだそうです。

なぜでしょうか?

熱いお湯につかると体がホカホカして、汗をたくさんかきます。

汗をかいているときというのは、交感神経が活発に働いており、これはなんと、激しい運動をして汗をかいているときと体のなかはまったく同じ状態になるのだそうです。

リラックスしているつもりでも、ものすごく体力を使っていることになるのですね。

病気と闘って体が疲れ果てているときには、まさに逆効果というわけで、むしろ回復を遅らせてしまう原因になってしまいます。

理由その2:水分の喪失

 
3
 
理由その1でも書いたように、お風呂に入るとたくさん汗をかきます。

老廃物が汗といっしょに流れ出てしまうのだから、これもなんだか体に良さそうな気がしますが…

やはりこれもNGなのです。

風邪やインフルエンザにかかったときの療養方法として、「とにかく水分をとること」と言われますね。

お風呂に入ったときに出る汗というのは実はかなりの量で、風呂上りは脱水状態に近いといえます。

元気なときならそれほどのダメージではありませんが、インフルエンザで体が弱っているときだったら、水分不足は思っている以上に体に負担になってしまいます。

理由その3:急激な温度差

 
4
 
インフルエンザの流行時期は真冬です。この時期のお風呂って、ただでさえ寒いですよね。

脱衣所から、いざ湯船につかってしまうまでのあいだは、体が凍えそうになります。

そしてお風呂から上がるとふたたび寒い脱衣所が待っている…。

これも、当然ながら良くありません。

体が冷えてしまうこともさることながら、たとえ湯船でしっかり体を温めたとしても、風呂上りの温・冷の急激な温度差は、病気で弱った体にとても負担になるのです。

お風呂に入ってもよいタイミング

 
5
 
早く治したいから、お風呂に入るのをじっとガマン…

さてやっと熱も下がり始めたけれど、いつになったら入ってもよいのでしょうか?

病み上がりでのお風呂にはいくつかの目安があります。

これをクリアしていたら大丈夫。

目安1:熱が37度前後になってから

 

ときには40度前後の高熱が出るインフルエンザ。

熱が出ているあいだは本当に辛くてしんどいですよね。

無事お薬が効いて熱が下がり始め、37度前後になったその翌日から、というのが、第一のめやすです。

熱が下がった初日だと、やはりまたぶり返してしまう恐れがあるため、ここは大事をとって翌日まで様子を見ることをオススメします。

目安2:体力が戻ってから

 

そしてもう一つの目安がこちら。

でも体力が戻るって、なにを基準にすればいいのか、ちょっと分かりませんよね。

これは、食事が普通にできるようになると考えればよいでしょう。

熱があって病気がいちばんしんどいときは、ゼリーやアイスクリームなどの冷たくて喉ごしのよいものばかり欲しくなることは、ありませんか?

筆者はおかゆも喉を通らなくなってしまうことがあります。

でも、熱が下がって回復期に入ると、今度は食欲がわいてきます。

弱った体が体力を取り戻そうとしているのでしょうね。

この時期であれば、多少微熱があっても、お風呂に入っても大丈夫と考えて差し支えないでしょう。

逆に、熱が完全に下がっていても、食欲が戻らない状態であれば、もう少し様子をみたほうがよいですね。

お風呂に入るときの注意点

 
6
 
とはいえ、病み上がりのお風呂にはやはりいくつか注意したほうが良いことがあります。

まずは、脱衣所や寝室をしっかり温めておくこと。

湯冷めは大敵です!

それから、風呂上りにすぐ水分補給ができるように準備しておきましょう。

お風呂場にペットボトルで飲料水を持ちこんでもよいでしょう。

それから、久しぶりでゆっくり湯船につかって温まりたいところですが、ちょっとガマンしてすぐに上がるようにしましょう。

体力の消耗は最低限にしておきましょうね。

風呂上りは汗がどんどん出てきます。

汗が引くまでタオルでしっかりふきましょう。

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

お風呂で体力が失われてしまうというのは、耳にしたことはありましたが、本当に気をつけなければならないようですね。

普通の風邪でもそうですが、インフルエンザは体力の消耗が激しい病気です。

治りかけでお風呂に入るのは少しだけガマンして、養生につとめましょう。

 - インフルエンザ ,

  関連記事

【インフルエンザ脳症】その症状とは?

  インフルエンザが流行する季節ですね。さて、インフルエンザと言えば度 …

【インフルエンザ】予防接種に最適な時期とその効果

    あなたは、毎年インフルエンザの予防接種をなさっていま …

インフルエンザ【A型】症状の特徴

  インフルエンザの流行する季節となりましたね。さて、ニュースなどでは …

【インフルエンザ対策】湿度を50%にすれば予防できる?

    本格的な冬の到来とともに悩まされるのが、インフルエン …

インフルエンザ【B型】症状の特徴

  インフルエンザが流行する季節になりました。インフルエンザには「A型 …

インフルエンザには風邪薬も効く?! 薬なしでも治るの?

毎年冬になると心配なのがインフルエンザですよね。 普通の風邪よりも感染しやすくて …

2015年流行のインフルエンザA香港型とは?

  今年もインフルエンザが流行する季節となりました。まずは手洗いうがい …

【2015年インフルエンザ】A型B型症状の違いなど注目5記事まとめ

2015年もインフルエンザが猛威を振るう季節になりました。周りで誰かがインフルで …