話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【ホットヨーグルト】夜に食べるのが効果的?便秘解消にもオススメ♪

 
1
 
今回は、女性の味方(!?)ヨーグルトに関するお話です♪

カルシウムなどの栄養が豊富で、美容効果も高いうえ、免疫力がアップするもいわれており、女性であれば毎日のように食べているという方も多くいらっしゃるようです。

お料理やお菓子にも使い勝手がよくて、なくてはならない食材なのではないでしょうか?

ちなみに筆者ももちろんヨーグルト大好きです。

とくにここ数年は水切りヨーグルトにはまっておりまして、デザートとして食べたり、クリームチーズの代わりに料理に使ったりと大活躍しています。

なのですが…恥ずかしながらこのたび、初めて「ホットヨーグルト」なるものの存在を知りました。

ホットということは、ヨーグルトをあっためて食べるってことですよね?

ものすごく気になる!

そこでさっそく、ホットヨーグルトについて調べてみました。
 


 

温めるとどんないいことがあるの?

 
2
 
なんといってもこれがいちばんの疑問ですよね。

ヨーグルトを温めるとどんな利点があるのでしょう?

私たちがいつも食べているものはたいてい冷蔵庫から出したままのヨーグルトですが、よくいわれているように冷たい食べ物は内臓を冷やし、働きを悪くしてしまいます。

いくら健康的な食べ物とはいえ、冷えたヨーグルトならその点は同じことなんです。

温かいヨーグルトは、胃腸を冷やさないため、栄養を吸収する働きが活発になるのです。

また、ヨーグルトの乳酸菌そのものも、実は低温の環境ではあまり活発ではなく、38〜40度くらいがもっとも元気なのだそう。

そういえば自家製ヨーグルトをつくるための機械がありますが、あれは40度くらいで保温ができるようになっています。

つまり、温かいヨーグルトを食べることは、元気な状態の乳酸菌を体に届けることができるというわけなんです。

夜に食べるといいってホント?

 
3
 
ホットヨーグルトについていろいろ調べてみますと、「夜に食べるのが効果的」といわれているみたいなんです。

これまた不思議ですね。

ヨーグルトって、なんとなく朝食の定番メニューという気がします。

便秘解消のためにも、朝に食べている方も多いのではないでしょうか?

なぜ、夜がいいのでしょうか?

答えは、腸内環境を整える時間というのが夜だから、なのだそうです。

元気な乳酸菌が腸の働きを助けるための、ゴールデンタイムといえるでしょう。

また、腸内環境が整うと、セロトニンというホルモンが分泌されやすくなります。

これは、人間の体にとくに重要な神経伝達物質で、不足すると睡眠不足になったり、精神的に不安定になりやすくなります。

そう、お腹の調子がよくなることで、睡眠の質が向上し、リラックスすることができるのです。

これは、さっそく夜のホットヨーグルトを食べなくては!

ただし、食べるタイミングはとても大事で、空腹時だと胃液でせっかくの乳酸菌が死んでしまいます。

食事中か、食後のデザートとして食べるのがベストのようです。

便秘解消に効果的?

 
4
 
ホットヨーグルトの効能のひとつに、便秘の解消があります。

これは先にも書いたとおり、乳酸菌が元気な状態で働くので、腸内環境を整える力が大きいのです。

がんこな便秘に悩まされている方は、試してみる価値がありそうですね!

ダイエット効果はホントにあるの?

 
5
 
さてさて気になるのがダイエット効果。

世間には「**ダイエット」が山ほどありますが、ホットヨーグルトも同じなんじゃ…と思ってしまいますよね。

ホットヨーグルトの利点の一つに、カルシウムの吸収がアップするということがあります。

なんとカルシウムは、脂肪の吸収を抑えてくれる、ありがたい栄養素なのです。

また、ダイエット中は食事の量や種類を制限することで、栄養不足におちいってしまうことがしばしば起こるのですが、とくにカルシウムは不足しやすいのだとか。

ダイエット中に、食事を減らしても運動しても体重が減ってくれない停滞期のような時期が発生することがあります。

これは、体が栄養不足に危険を感じて体重を減らさないようにしているのだそうで、カルシウム不足のときに起こりやすいのです。

ホットヨーグルトを食べることでカルシウムの補給が足りていれば、ダイエットがスムーズに進むというわけです。

これは、さっそく試してみなければ!

作り方は簡単♪

 
6
 
と、いうわけで作り方のご紹介です。

作り方といってもごくごく簡単で、レンジでチンするだけ。

ただし、乳酸菌が元気になってくれなくてはいけませんから、温め過ぎは禁物です。

使うのはプレーンヨーグルトです。

100グラムであれば、電子レンジの出力を600Wで1分ていど(500Wなら1分10秒)をめやすに加熱してみてください。

もちろん、各ご家庭のレンジのクセがあるでしょうから、最初は少しずつ加熱してみることをオススメします。

温度設定の機能がついているなら、それを使うとよさそうですね。

食べるときはいつもと同じように、お好みでハチミツやフルーツをトッピングなさってください。

味がまずいという説も…

 
7
 
さて、筆者もさっそく作ってみました!

気になるお味のほうは…。

少し酸味が減っているようです。

たしかに、冷たいヨーグルトのほうが、口あたりは慣れ親しんだ感じがしますね。

ただ、お腹に入ったあとに、やはり胃が温まる気がします。

ホットミルクを飲んだときと同じです。

冷え性で、冷たいものを飲食しないように心がけている…という方は試してみるとよいかもしれません。

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

筆者はこれを機に少しホットヨーグルトを続けてみようかと考えております。

特別な食材や道具がいらないお手軽ダイエットですものね。

この記事を読んでくださったあなた、もし興味をもってくださったなら、ご一緒に!

 - ホットヨーグルト , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした