話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【電気毛布の電気代】意外と安かった♪料金の目安と計算方法

 
1
 
あなたは冬場の暖房、なにをお使いですか?

エアコン、こたつ、石油ストーブにファンヒーターと、今はいろんな選択肢があり、どれも一長一短といったところでしょうか。

「メイン(エアコン)+サブ(ホットカーペット)」というように、いくつかを組み合わせて利用されている方がほとんなのではと思います。

さて今回ご紹介したいのは、電気毛布のこと。

ずいぶん前からある暖房器具だけれど、それほど目立つ存在ではなく、なんとなく年配の方が寝るときに使っているものというイメージをお持ちの方も多いみたいです。

ところが、この電気毛布、実は隠れたスグレものだったようなんです!

さっそく見てゆきましょう。
 


 

電気毛布の特徴

 
2
 
筆者も長年の電気毛布愛用者なのですが、電気毛布にはいいところがたくさんあります。
 

・空気を汚さない

電気だけであたためるので、石油を使うヒーターのように換気に気を使うことがありません。

 

・乾燥しない

エアコン、ファンヒーターだと使っているうちにお部屋の空気が乾燥してきますが、電気毛布は風が起こらないので乾燥が進むことがありません。

 

・かさばらない

季節家電のなにが困るって、どれもこれも場所をとること!

電気毛布はたたんで置いておけるので、邪魔になりません。

オフシーズンの収納時もコンパクトで場所がたくさんいらないうえ、片付けも簡単です。

 

・「ちょっと寒いとき」の強い味方

体が接触している部分だけが温まりますので、秋の終わりや春の始めごろ、お部屋ぜんたいに暖房を入れるほどではないけれど寒い…というときに大活躍してくれます。

 

・寝るとき使うと極楽

冷え性のために、真冬に寝つきが悪くて困っている…という方は、ぜひ電気毛布を試してみてください。

寝つきがよくなるうえ、熟睡できます。

湯たんぽも効果的ですが、ほぼ全身が暖まるのはとても快適ですよ!

 

・いろんなところで使える

電気毛布は電源があるところなら家中どこでも持ち運びできます。

ふとんにしいて使うこともできますし、椅子に座った状態でひざ掛けにして使うこともできます。

こたつやホットカーペットなら、それらがある場所に固定されてしまいますが、そういった不便がありません。

 

・コストパフォーマンスがよい

電気毛布はとてもコスパが優秀です。

サイズによって値段は変わりますが、日本製でも3000〜5000円がメインの価格帯です。

毛布の間に発熱する金属線を挟んであるだけのごくシンプルな構造なので壊れにくく、メーカーの仕様を守って扱えばけっこう長く使えます。

 

・お手入れが簡単

ご家庭の洗濯機で丸洗いできるタイプが多いのも嬉しいところです。

たまに洗濯ができないものがありますので、購入時にチェックしてくださいね。

また、日本製であれば、ダニ退治機能がついているものがほとんどなので、これもありがたいです。

 

・電気代が安い

これは重要ですね!電気毛布の最大のメリットは電気代の安さです。

電気毛布の電気代はどれくらい?

 
3
 
安いといっても、実際のところどれくらいなんでしょうか?

140x80cmサイズの電気しき毛布で、消費電力が「100V55W」のものを例に挙げてみます。

メーカー仕様では1時間あたりの電気代は、中程度の温度でなんと0.40円!

もっとも高温に調節しても1円かかりません。

中の温度で1日5時間使うとこうなります。
 

・1日あたり:2円

・1月あたり:60円
 

これはびっくりですね!
 

筆者はずっと電気毛布を使っていますが、これほど省エネな家電だとは知りませんでした。

一人暮らしの方や、電気代をとにかく節約したい方には、電気毛布は本当にオススメのアイテムのようです。

ちなみに、この電気代の計算方法は、以下を基準にしています。

今、お手元にある電気機器や購入予定の品物の電気代を確認するときに、この方法で計算してみてください。

《 消費電力(kW)×使用時間(h)×1時間あたりの電気代(円)》

電気ヒーターやホットカーペットと比べてもかなりお得

 
4
 
他にもすぐれた暖房器具はたくさん種類があります。

省エネをうたっているものも数多くありますが、それらと比べたときに、どれくらい違うのでしょうか?

さきほどと同じように、中程度の温度設定で、5時間あたりの1日の電気代をざっと挙げてみます。

(すべて、それぞれの機械の消費電力や使用するお部屋の状態によって異なりますので、あくまで参考値です。)

 

・エアコン:150円

・ホットカーペット:200円

・ファンヒーター:350円

・オイルヒーター:350円

・こたつ:200円
 

こうやってみてみると、電気毛布の省エネぶりがきわだちますね!

もちろん、極寒の時期に電気毛布だけで過ごすというのは現実的ではありません。

とはいえ、電気毛布でなんとかしのげそうなくらいの寒さであれば、ぜんたいの暖房は少し控えることができそう。

また、設定温度を下げて、サブとして電気毛布を活躍させるという手も使えますね。

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

筆者の家では、家族の人数分の電気毛布があり、これまでも便利に使ってきましたが、こんなに優秀な暖房家電だったとは、今さらながら驚かされました。

今年の冬は、ベッドやソファだけでなく、もっといろんなところで使えないか、いろいろ試してみたいと思っています。

この記事を読んでくださったあなたも、よろしければ今年の冬は電気毛布を導入してみてはいかがでしょうか?

 - 電気毛布 ,

  関連記事

関連記事はありませんでした