話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【スタッドレスタイヤの寿命】簡単なセルフチェック方法もご紹介♪

 
1
 
真冬の車の必需品といえばスタッドレスタイヤですね。

筆者もたいへんお世話になっております。

ところで、スタッドレスタイヤの交換時期って、あなたはどうやってみきわめていらっしゃいますか?

筆者の場合、自動車販売店での点検時やガソリンスタンドのスタッフさんに寿命ですよと指摘されてばかりです…。

でも、なんといっても車のタイヤは命を預けるものですし、きちんとメンテナンスしたいもの。

そこで今回は、スタッドレスタイヤの寿命やメンテナンスにまつわる豆知識をご紹介したいと思います。
 


 

寿命の目安は3年?

 
2
 
一般的に、スタッドレスタイヤの寿命は3年といわれているそうです。

でも、タイヤ本来の性能や、走行距離、使用状況、保管条件など、もろもろを考慮して、ひとことで「3年」といってしまえるのでしょうか?

だって、ワンシーズンでものすごく長距離を走る人もいれば、お休みの日にちょっとだけ車を使うという方もいますよね。

実際に、5年以上使っているという方もたくさんいるようですし…。

やはりこの「3年」というのは、あくまで参考にする数字と考えるのがよさそうです。

なんといっても、まだまだ使えるタイヤを3年ごとに交換するのは、正直なところお財布が痛いですものね!

経年劣化は「溝と柔らかさ」に現れる

 
3
 
では、タイヤの劣化はどこに現れるのでしょうか?

ポイントはふたつあります。
 

1.溝

 
これはすぐに思いつきますね。

溝の減り具合はタイヤの性能に直結しています。

スタッドレスタイヤの場合、新品時の溝の深さから50%になったころが、交換時期といわれているようです。

2.柔らかさ

 
技術の向上により、ゴム製品の寿命はずいぶん伸びました。

そうはいっても、生産されてから時間が経てば、たとえほとんど使っていなくても劣化してくるものです。

空気や水にさらされることで、劣化は進むのです。

ご家庭でお使いの輪ゴムを見れば分かりますが、古くなったゴムの特徴は、「硬いこと」です。

スタッドレスタイヤは路面との密着度を高めるためにとくに柔らかく作られています。

試しに、指でグッと押してみてください。

それほど力を入れなくても指がめりこむくらい柔らかいです。

ですから、ゴムが硬化することはスタッドレスタイヤにとっては命取りともいえます。

性能がガクンと落ちてしまうのです。

自分でできる寿命のチェックポイント

 
4
 
それでは、ご自宅でできる寿命チェックをご紹介いたします。

まず、「ゴムの硬化」ですが、これは硬度計という専用の測定用機器が必要なうえ、やはり整備の知識がある人でないと難しいようです。

こちらはプロにお任せしましょう。

その代わりに、私たちが日常的にできるのは、溝のチェックです。

さて、スタッドレスタイヤの溝は、夏用タイヤのそれと異なっています。

溝が残っていればOKというものではないのですね。

ところでチェックするにしても、簡単な判断の基準はあるのでしょうか?

ご心配なく、ちゃんとあります!

よく見ると、スタッドレスタイヤの溝には出っ張りがあります。

「プラットフォーム」と呼ばれるもので、1個につき4つあります。

 
5
(出典:ブリジストン社ウェブサイト:http://www.bridgestone.co.jp/corporate/news/img_news/2012010602_01.gif)
 

新品時には溝のなかに埋まった状態なのですが、50%以上すり減ってくると、このプラットフォームの頭が溝から出っ張ってきます。

これが交換の合図になるのだそうです!

長持ちさせるための正しい保管方法

 
6
 
スタッドレスタイヤを長持ちさせるには、ゴムの硬化を防ぐことが大事です。

保管するときには、必ず以下のポイントをおさえるようにしましょう。


・タイヤをきれいに洗っておく

・直射日光に当てない

・風通しがよいところに保管する

・温度変化が大きいところはNG

タイヤの汚れを落とすのはとても重要です。

タイヤに付着しているのは水や泥だけではありません。

雪道を走ったらならば、融雪剤が残っていることもあります。

こういった汚れが、ゴムの硬化を早めてしまうのだそうです。

洗ったあとは、水気をふき取ることも忘れないようにしましょう。

夏もスタッドレスタイヤのままではダメ?

 
7
 
そろそろ雪が降るかな…というころにタイヤ交換をするのって、自分でするにしても、お店にお願いするにしても、なかなか億劫なもの。

それに、次の冬まで保ちそうにないなら、このままギリギリまで使いつぶしたいな、とも思います。

いっそ、夏場もスタッドレスタイヤのままでいちゃダメなんでしょうか?

これ、ダメなんですって。

理由は以下の通り。


・燃費が低下する

ノーマルタイヤと比較すると、約10%も燃費が悪くなるそうです。10%って大きいですね!
 

・ブレーキが効きにくくなる

これは、怖いですね。スタッドレスタイヤの「柔らかさ」ゆえに起こることだそうです。
 

・ハンドリングが異なる

スタッドレスタイヤはノーマルタイヤよりもハンドリングが大回りになるのだそう。

急にハンドルを切るのが難しくなるのですね。
 

・濡れた路面でスリップしやすい

柔らかいために、タイヤの溝に入った水を押し出す力が弱いのです。
 

・高温に強くない

スタッドレスタイヤは雪道でも柔らかさを保てるようにつくってあります。

高温の季節には劣化も早まります。

最悪の場合を想定するなら、真夏の高温期に熱をもった道路を走行すればバースト(破裂)の恐れもあります。

なんと、命に関わる重大事につながるのですね…。

雪のシーズンが終わったらすみやかにノーマルタイヤに交換しなくては!

アイスバーンのある地域はとくに早めの交換を!

 
8
(出典: http://81496.blog115.fc2.com/blog-entry-391.html)
 
あなたのお住まいの地域では、アイスバーン(路面凍結)がよく起こるでしょうか?

もしそうでしたら、スタッドレスタイヤの交換は早め早めをオススメします。

タイヤのわずかな劣化で、雪道での性能の大きな低下につながってしまいます。

少し慎重すぎるくらいでもよいでしょう。

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

あらためて、私たちの命を預ける大切な道具なんだと確信しました。

冬になったから…と漫然とスタッドレスタイヤに替えていましたが、この冬からはもっときちんとメンテナンスを心がけたいものですね。

 - 未分類 , ,

  関連記事

【喪中はがきの返事】相手に失礼にならないためにここに注意

    11月の終わり頃から12月の始めにかけてちらほらと届 …