話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【冬至のおもしろ豆知識】なぜかぼちゃを食べるの?

 
1
 
日本は四季の区別がはっきりしているため、季節の変わり目をお祝いする年中行事のとても多い国だと思います。

七草がゆに、お花見、お月見に、冬至。そういえば、どれも美味しいものをいただく行事ですね。

そうそう、冬至といえば、忘れてはならないのがかぼちゃです。

でも、これって不思議だと思いませんか?

なぜなら、かぼちゃは夏の野菜だから。

長期保存のきく食材とはいえ、なぜわざわざ旬を外した野菜を真冬に食べるのでしょうか?

季節行事の食事はたいていの場合、その時期に収穫できる食材を使うように思いますが、なぜかぼちゃだけ?

なんだか俄然、気になってきました。

そこで今回は、冬至のかぼちゃや、その他冬至にまつわる豆知識について調べてみたことをご紹介いたします。

 


 

冬至にかぼちゃを食べるのはなぜ?

 
2
 
さて、「冬至にかぼちゃを食べると風邪を引かない」というこの言葉、あなたも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

筆者も子どものころ、おまじないのように聞かされていましたが、実際のところどうなのでしょうか。

かぼちゃには、体内でビタミンに変わるカロチンやビタミンAが豊富に含まれています。

これらは体の調子を整えるための大切な栄養素で、風邪をはじめとするさまざまな感染症から体を守ってくれます。

現代の私たちは、一年を通じてさまざまな野菜が手に入るうえに、サプリメントやビタミン剤で簡単に栄養を補給することができます。

でも昔の人は、冬場に収穫できない野菜を食べることはできませんでした。

ですから、何ヶ月も保存がきくかぼちゃは、冬の大事な栄養補給源だったのです。

さらにかぼちゃは、比較的高カロリーな野菜なので、食べ物が不足しがちなときには本当にありがたい食材だったと考えられます。

「冬至」の日に食べることじたいに科学的な理由はありませんが、寒くてビタミン類が不足しがちな時期に、かぼちゃを食べると体の抵抗力が増すことは先人たちも経験的に知っていたのでしょう。

「寒いときはかぼちゃを食べる」というその目安にするために、冬至という行事と関係付けたのでしょうね。

冬至の豆知識①そもそも冬至ってどんな日?

 
3
 
冬至とは、北半球において一年のうちでもっとも夜が長く、昼が短くなる日のことです。

太陽の高さももっとも低くなります。

反対に昼がいちばん長くなる夏至に比べると、日照時間はなんと5時間も差があるのです!

ちなみに、今年2015年の冬至は、12月22日です。

冬至の日を境にして、弱い日差しが少しずつ力強くなり、昼が少しずつ長くなっていくので、「太陽が新しく生まれる日」と考えられ、日本だけでなく世界中に冬至をお祝いする伝統行事があります。

長い冬を辛抱しながら、春が来るのを待ちわびる気持ちは、世界に共通しているのですね。

冬至の豆知識②運盛り・冬至の七種

 
4
 
ところであなたは、「冬至の七種」(とうじのななくさ)ってご存知でしたか?

冬至の日に食べると幸運を呼びこめるという食材のことだそうです。

恥ずかしながら、筆者は冬至の縁起かつぎといえば、かぼちゃとゆず湯しか知りませんでした。

この冬至の七種は別名「運盛り」といって、以下の七つの食べ物を指すのだそうです。


・れんこん
・にんじん
・ぎんなん
・なんきん(かぼちゃ)
・きんかん
・うんどん(うどん)
・かんてん

名前のなかにすべて「ん」が二つずつ入っています。

もともと「ん」のついたものは「運盛り」といって縁起の良いものと考えられていたそうですが、この七種はすべて「運が二倍」というとてもありがたい食べ物なんです。

そして、その日を境に太陽が力を増していく冬至を「運が上向く日」と考え、さらに合わせて冬至の七種を食べることで、ますます幸運を呼びこもうというわけです。

ところで、この七種もよく見てみれば、冬場に手に入りやすくかつ栄養価が高い食材がたくさん入っています。

かぼちゃと同じく、ここにも、元気に冬を乗り切ろうという昔の人の生活の知恵が見えてくるような気がします。

冬至の豆知識③ゆず湯に入る理由

 
5
 
冬至のもう一つのメインイベントがゆず湯ですね。

これにも、なにか隠された意味はあるのでしょうか?

昔、お風呂に入るというのはとてもぜいたくなことで、庶民は今のように毎日入浴することはできませんでした。

ですが、冬至の日には運を呼びこむ前に身の汚れを落とす禊(みそぎ)としてお風呂に入ったのだそうです。

また、ゆずには強い香りがありますが、こういった香味の強いものは魔除けの力があると考えられていました。

そういえば、西洋のハーブ類にも同じように邪気を寄せつけないお守りとして使われているものがありますね。

事実、香りのある植物は、薬効成分をもつものが多く、ゆずも例外ではありません。

体を温めたり、美肌効果にすぐれています。

やはりこれも、先人の知恵なのでしょう。

そして面白いことに、ゆず湯というのは語呂合わせでもあるのだそうですよ。


・ゆず=融通(ゆうずう)がきく

・湯治=冬至

 

ゆず湯にこんな背景があったなんて、びっくりですね。

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

冬至という季節行事にこんないろんな意味があったのですね。

今年の冬至の日には、ゆず湯に入って七種の食事を支度して、準備万端で幸運を呼びこめるようにしたいものです。

 - 冬至 ,

  関連記事

関連記事はありませんでした