話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【枕の高さ】自分に合った高さの見極め方!高さの調整方法もご紹介♪

 
1
 
あなたには、こだわりの睡眠グッズはありますか?

羽布団の軽さを追求しているという方もあれば、ゴージャスなベッドリネンで寝室をおしゃれに演出しているという方もおられるでしょう。

ベッドサイドのランプや、アロマに凝っているという人も、なかにはおられるかもしれません。

睡眠の環境を整えるのは、疲労回復だけでなく健康の維持管理にとってとても大切なことですから、なにかしらこだわりのポイントがあるのではないでしょうか。

さて今回ご紹介したいのは、そんな睡眠グッズのうちでもおそらくもっとも重要で、こだわっている人が多いであろう、そう、「枕」にまつわることです。

 


 

枕を使うのは人間だけ

 
2
 
ありとあらゆる動物は睡眠を必要としますが、わざわざ枕というものを使うのは人間だけなのだそうです。

私たちには、なぜ枕が必要なのでしょうか?

人間の脊柱を横から見ると、なだらかなS字のカーブを描いています。

人間が遠い遠い昔に二足歩行を始めたときに、重い頭を支えて、首や背骨への負担を減らすためにこのようなS字になりました。

そして、眠るときに首の後ろのカーブが自然な形で保たれると、もっともリラックスして休むことができます。

首の後ろがカーブした姿勢が楽に維持できるよう、人間は枕を使うようになったのです。

自分に合った枕の高さ

 
3
 
ところであなたの枕の高さは、ご自分にぴったりですか?寝具売り場に行くと、

近ごろは種類がものすごくたくさんあって、どんな風に選べばよいのか迷ってしまいますよね。

実は枕を選ぶ最重要ポイントは、なんといっても「高さ」なんです。

でも、自分にフィットした高さなんて、どうやったら分かるの?

という方もいらっしゃるでしょう。その人それぞれに適正な枕の高さですが、だいたいの目安はあります。

壁に背中をつけて立ち、軽くあごを引いた姿勢をとってみてください。

このときの、首のカーブが一番深い場所と壁との距離が、適正な高さのおよその目安になります。

ここからさらに、身長や体重、首の長さの違いなどを考慮したものが、ぴったりの枕の高さになります。

寝具コーナーが充実している家具店やデパートなどで、枕の高さを計測してくれるサービスを行っているところが増えてきました。

もし見かけられたら、試しに一度自分の適正な枕高さを確認してみるのもよいかもしれません。

高さで迷ったら「低め」を選ぼう

 
4
 
この記事にたどり着いてくださったあなたは、もしかして「枕ジプシー」ではありませんか?

いろいろ試してみたけれど、これといったものが見つからず、次から次へと買ってしまう…。

あるいは、ちゃんとした枕を手に入れたいけれど、いろいろありすぎて決められない…。

実は筆者がまさに枕ジプシーなのですが、とりわけ、高さはいつも迷ってしまいますね。

あるとき、寝具売り場の方に教えていただいたのですが、そういうときはとにかく低い枕がよいのだそう。

それというのも、高さのある枕だと、体に合わないと分かったらもう使えなくなってしまいますが、低めの枕にしておけば、後になってもう少し高さがほしいなと思ったときに調整がしやすいからです。

枕の高さを調整してみよう

 
5
 
朝起きたときに、しっかり眠ったのに首こりや肩こりが解消しない・・・

解消しないどころかもっとひどくなっている、なんてことはありませんか?

あるいは、よく寝違えを起こすということは?

なかなか寝付けなかったり、長い時間眠ってもなんだか熟睡できていない。

こういったことでお悩みでしたら、ぜひ一度、枕の高さを変えてみてはいかがでしょうか。

本人が気付いていないだけで、枕の高さが上に挙げたような症状の原因になっていることがあるんです。

心地よく眠っていたつもりなのに、実は高すぎる or 低すぎる枕を使っていると、長いスパンで考えたときに健康を少しずつ損なってしまうこともあります。

とくに肩こりや首こりに悩んでいる方は、枕の高さ調整だけでかなり改善することもあるので、本当にオススメですよ!

だまされたと思って、試してみてください。

枕の高さの調整方法は?

 
6
 
さて、次に肝心の調整方法をいくつかご紹介しますね。


・バスタオルを使う

バスタオルを数枚用意して、たたんだものをいくつか重ねてみます。

バスタオルは薄いので、希望の高さになるまでの微調整ができるので便利です。

もともとの枕に重ねてみてもよいですね。


・枕を二枚重ねる

低めの枕をいくつか持っているのなら、枕を重ねて高さを確認してみましょう。

近ごろでは、最初から薄い枕を数枚重ねて、1個の枕の形につくってある製品も売られています(筆者も持っています)。


・座布団を使う

座布団は適度な硬さがあり、かつ薄いので、実は枕に向いています。そのまま敷くか、あるいは二つ折りにして使います。

高さを決めるには、寝る姿勢をとったときにあなたが一番楽だと感じるポイントを探ることです。

先ほど、適正な枕高さを計測する方法をご紹介しましたが、あれはあくまで目安。

実際に、あなたが実際に使っていらっしゃる敷布団やマットレスの硬さや沈みこみ具合も考えた上で、高さを決めましょう。

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?枕の高さって本当に決めるのが難しいです。

それでも、ぴったりの高さが見つかったときは本当に、朝目覚めたときのスッキリ感が違うのです。

ぜひ、あなたも自分にベストな枕の高さを見つけてみてくださいね。

 - 枕の高さ ,

  関連記事

関連記事はありませんでした