話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【静電気】除去・対策はこれでバッチリ!

 
1
 
乾燥する季節になると嫌なのが、なにかに触れた瞬間にパチパチっと発生する静電気ですね。

あなたもご経験はありませんか?あの瞬間って、パチっというかビリっというか、思いのほか衝撃が大きいのですよね。

ちょっと痛いことも…。

筆者はいわゆる静電気体質というやつでして、寒い季節はしょっちゅうバチバチきているのですが、毎回びっくりしてしまいます。

ただびっくりするだけならよいのですが、静電気が流れることで、カルシウムやビタミンCの代謝が早まってしまうのだそうです。

あまりひどいと健康にも影響が出てしまいます。

できることなら静電気が起こらないようにしたいもの。

そこで今回は、静電気の発生する理由や効果的な対策について調べてみました。

さっそくご紹介してゆきたいと思います!

 


 

なんで冬になると静電気が発生するの?

 
2
 
静電気でパチパチっとなるのは、だいたい晩秋から冬にかけての、気温が低くて乾燥した季節です。

どうしてこの時期に起こるのでしょうか?

だって、乾燥といえば、春先にも乾燥するときはあるし、夏場のオフィスもエアコンのおかげで空気はかなり乾いていますが、静電気に困らされた経験はないような気がします…。

そう、正確には、静電気は一年中いつでも存在します。

物どうしや空気との摩擦によって、人間の体やさまざまな品物は帯電(電気がたまった状態)しているのです。

帯電することじたいは、季節や温度は関係ありません。

ということは、静電気のパチパチが発生しやすい条件があるのですね。

具体的には次のふたつです。


・温度25度以下

・湿度20%以下

とりわけ重要なのが湿度です。

電気は水分のあるところを通りやすい性質をもっています。

湿度の高い夏場だと、自然に放電(帯電していた電気が抜けること)します。

夏にパチパチが起こらないのはこれが理由なのですね。

冬場は乾燥しているところへもってきて、重ね着などで衣服の摩擦が増えて帯電しやすくなっています。

帯電する量も増えるうえに、放電の機会がないため、たまった電気が一気に抜ける瞬間に、例のパチパチっが起きるというわけです。

対策・除去1「体」

 
1
 
原因が分かったのですから、さっそく対策を見てゆきましょう。

私たちの体には知らず知らずのうちに電気がたまっている…ということは、いちばん手っ取り早いのは、それを小まめに放電してあげること。

パチパチっとなってしまう放電が起こるのは、金属製品などに触ったときです。

これは、金属が電気を通しやすいため、放電の瞬間の電圧が高くなってしまうからなのだそうです。

ですから、金属を触るまえに、緩やかに放電する品物を触って体の電気を抜いてあげれば良いのです。

木製の家具や、コンクリートの壁など、手近にありますよ。

また、革製品も効果的なので、たとえばキーホルダーやキーケースをレザーにしておくと、車に乗るときのパチパチが防げます。

対策・除去2「衣類」

 
4
 
冬は重ね着をするため帯電しやすくなると書きました。

これは摩擦が増えるからというのもありますが、意外にも服の組み合わせも重要なのです。

今や私たちの冬服として欠かせない存在のフリース。

このフリースとウールのセーターの組み合わせはもっとも帯電しやすいのだそう。

暖かいし肌触りはよいのですが…。

たしかに筆者も、フリースを着ているときはほかの服よりもバチバチいっているような気がします。

このどちらかを着るときには、肌着はコットンを選ぶなどしてみましょう。

対策・除去3「お部屋」

 
5
 
冬場の乾燥は静電気のパチパチを引き起こします!

風邪やインフルエンザの予防も兼ねて、お部屋の加湿を心がけてみましょう。

湿度を50%以上に保つと、パチパチの発生はかなり防げるようですよ!

また、ボディクリームやハンドクリームなどでお肌の保湿にも気をつけてみてください。

こちらもかなり効果があります。

冬場の乾燥で手指が荒れる方も多いと思いますが、その予防にもなって、一石二鳥です。

素材によって静電気の通しやすさが異なる

 
6
 
素材によって電気を通しやすいものや通しにくいものがあります。

1.触るとビリッとくる物質

 
上にも書いたとおり、金属製品がもっとも電気を通しやすく、ビリっとくるときの衝撃もいちばん大きいです。

ひとくちに金属といっても、またそれぞれに電気の通しやすさがあり、私たちの身近にあるものでいちばん電気を通しやすいのは銅です。

そういえば、「銅線」というものがありますね!

2.静電気をうまく除去してくれる物質

 
静電気をうまく除去してくれるのは、電気を通すけれど、通しにくさがある物質です。

一気に通すと金属のようにバチっときますが、じわじわ通すのであればゆるやかに電気が抜けて行くからです。

木、革、コンクリート、石、綿製品などが身の回りですぐ見つかる素材ではないでしょうか。

また、お洗濯のときに使う柔軟剤は帯電を防ぐ効果があります。

3.静電気を除去してくれない物質は…?

 
静電気の除去ができないというのは、電気を通さない物質であるということ。

これを「絶縁体」といいます。

絶縁体として一般的なのは、ゴムやプラスチック。

銅線のカバーにゴムが使われているのはこのためです。

プラスチックもほぼ電気を通さず、むしろ静電気が発生しやすい素材です。

子どものころ、下敷きを髪にこすりつけて静電気を発生させて遊んだりしましたが、まさにあの現象というわけです。

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

今年の冬は、持ち物、衣服の組み合わせなどを上手に工夫して、静電気対策なさってみてくださいね。

 - 静電気 , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした