話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【敬老の日】子どもからの手作りプレゼントオススメ5選

 
1
 

9月の第3月曜日は敬老の日ですね。

いつも可愛がってくれているおじいちゃん・おばあちゃんになにか感謝のしるしをプレゼントしたい…

と思っても、これが意外と難しいものです。

とくに今の時代は祖父母がまだ若々しく、欲しいものはすでに自分たちで選んで手に入れていたり、もう一世代上の曽祖父母であれば年が大きく離れているので、好みの品物がなかなか分かりづらいということもあります。

「なにが欲しい?」とリクエストを聞いてみても、「気持ちだけでじゅうぶんよ」なんて遠慮されたり…。

でも、いつも食事会だけというのもちょっとさみしいもの。

そんなときには、無理に立派なプレゼントでなくても大丈夫です!

小さな子どもたちからの心のこもった贈り物を差し上げてみてはいかがでしょうか?

そこで今回は、敬老の日にぴったりな、子どもの手作りプレゼントをご紹介したいと思います。

どれも、ご家庭にあるもので簡単に作れるものばかりです。

夏休みの工作の宿題も兼ねて、今から準備しておけばバッチリですよ!

 


 

絵・手作りカード

 
2
 
小さなお子さんがいらっしゃるご家庭ならば、定番中の定番といえるのではないでしょうか。

おじいちゃん・おばあちゃんの似顔絵を、画用紙いっぱいに描いてあげましょう。

描きやすいのはおおむねA4サイズですが、色紙に描くとそのままでプレゼントの雰囲気が出るのでオススメです。

おじいちゃんとおばあちゃんだけが描かれた似顔絵も素敵ですが、お子さんたちが一緒に描かれているものだと、もっと嬉しい作品に仕上がりますよ。

画用紙に描いた絵は、もちろんそのままお渡ししてもよいですが、ひと手間かけて額縁やフォトフレームに入れると、贈り物としてのグレードがぐっと上がります!

小学校以上のお子さんであれば、メッセージを添えた手作りカードもとっても喜んでもらえそうです。

折り紙やちぎり絵などで飾ってみましょう。

近ごろ流行りのマスキングテープは、こういったときにとても便利です。

他にも、「肩たたき券」や「お手伝い券」などをカードに添えると、いっそう感謝の気持ちが伝わりそうです。

手形・足形

 
3
 
お子さんがまだ赤ちゃんで、まだ絵を描いたりできないときはこれ。

お子さんの手形や足型をとって、贈り物にしましょう。

色紙に押すのがもっとも簡単ですが、画用紙に押してカードを作ってみるのも素敵です。

手形と足形をアレンジして、絵にしてしまうという方法もアリ!

何年ぶんかたまると、お子さんの成長を実感できますので、またとない記念の品物になります。

また、お子さんの手形を手作りクッキーに押すという方法もあります!

大きめのクッキーを作り、焼く前にお子さんの手にココアパウダーをまぶしてペタン。

あるいは、手形の紙を切り抜いて、クッキーの上にのせ、竹串で形をなぞるという方法もあります。

お守り・しおり

 
4
 
おじいちゃん・おばあちゃんの健康を祈って、オリジナルのお守りを作るというのはいかがでしょうか?

お守り袋のなかに、メッセージやお子さんの写真、手形や足形を入れます。

お守りの言葉は難しく考えずシンプルに。

感謝を伝え、健康と長寿を祈る言葉を書きましょう。

おじいちゃん・おばあちゃんが読書好きの方ならば、手作りのしおりもいいですよね。

こちらも、お子さんの写真や、絵や、メッセージが添えられたものが何よりだと思います。

しおりは繰り返し使ってもくたびれないように、ラミネート加工しておくのがオススメです。

ラミネート加工のグッズは、100円ショップで売られていますので、意外に簡単にできるんですよ。

試してみてくださいね。

牛乳パックのメガネ入れ

 
5
 

牛乳パックで作るメガネ入れ。

メガネを立てて保管するタイプです。

必要なもの:牛乳パック1つ、色紙(和紙、マスキングテープなども)、糊、接着剤(両面テープ)

1.牛乳パックを底から10センチの高さで切ります。

2.余った部分の牛乳パックを切り、底から両端が1センチていどはみ出すサイズに切ります。

3.1の底面に2を接着剤や両面テープで固定します。

4.牛乳パックの絵柄が見えないよう、色紙やマスキングテープなどで飾り付けましょう。

なおこのメガネ入れですが、牛乳パックを5〜6センチくらいの高さで切ればスマホ入れにもなります。

フォトブック・フォトパネル

 
6
 
お子さんの一年の成長を記録した、お手製のフォトブックはいかがでしょうか?

100円ショップで小さめのアルバムを購入して写真を貼り付けるのが簡単です。

もうひと工夫して、色画用紙などにお子さんのメッセージや手形・足形、折り紙などで飾った、完全なオリジナルアルバムなども素敵な贈り物になりそうですね。

宮参りや七五三、あるいは、お稽古ごとの発表会や運動会などで撮影した、ここ一番の写真を額装してプレゼントするのも良いでしょう。

また、カレンダーを作成するソフトを使って、お子さんたちの写真を使った家族のカレンダーをつくるのも素敵です。

ご家族全員のお誕生日や記念日を日にちのところに入れることができれば、オンリーワンのカレンダーの出来上がりです!

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

お金をかけないでも、アイデア次第でいろんなことができそうですね。

他にも、食事会でお子さんがつくったカレーをふるまったり、お子さんが摘んできたお花をプレゼントしたりするのもよさそうです。

おじいちゃん・おばあちゃんにしてみれば、可愛い孫やひ孫からのプレゼントはどんなものであっても、とっても喜んでくれるはず。

お子さんと一緒にプレゼントを準備するのも、楽しめそうですね。

今年の敬老の日はぜひ、オリジナルなプレゼントを作って差し上げてはいかがでしょうか。

 - 敬老の日 , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした