話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【二日酔い】早目に治す効果的な方法を3つご紹介!

 
1
 
いよいよビールの美味しい季節が近づいてきましたね。

家族やお友だちと楽しく食べて飲んで…で、うっかり飲み過ぎてしまったときに辛いのが二日酔いです。

深酒してしまった翌朝のあの辛さは、経験した者でなくては分かりません。

後悔のあまり「もう二度とお酒なんか飲まない!」宣言してしまうことも。

頭痛も辛いし、なにより吐き気があるときは、仕事も勉強も手につきません。

そこで今回は、とっても辛い二日酔いを、なんとか素早く解消する効果的な方法がないか、調べてみました。
 


 

解消法①水分・糖分補給:スポーツドリンクは飲んで大丈夫?

 
2
 
アルコールには利尿作用といって、水分を体外に排出させる作用があります。

たくさんお酒を飲むと、水分補給しているようにみえて実際は、どんどん水を出しているのです。

また、アルコールを分解するためにも水分をたくさん必要とします(よく、お酒を飲みながら水を飲むと悪酔いしないといいますが、これは根拠のある話なのですね)。

そして、アルコールを分解するときに、アセトアルデヒドという有害物質が発生します。

吐き気が起きるのは、このアセトアルデヒドをなんとかして体外に出そうとする、体の働きなのです。

さて、飲み会明けの二日酔いの朝、体は水分を失ってカラカラの状態に加え、アセトアルデヒドがたまった状態です。

まずは、たくさんお水を飲むのがいちばんです。

有害物質をどんどん出してしまいましょう。

次に大事なのが糖分の補給です。

体内に入ってきたアルコールは肝臓で分解されます。

肝臓には、必要に応じてブドウ糖をつくるという大切な役目もあるのですが、大量のアルコールを分解していると、ブドウ糖にまで手が回らなくなってしまい、低血糖を引き起こしてしまうのです。

水分と糖分を同時にとるなら、スポーツドリンクがお手軽ですね。

ただ一つ気をつけたいのが、スポーツドリンクの種類です。

ごくごく一般的なスポーツドリンクは「アイソトニック飲料」といって、人体の浸透圧に近い濃度でつくられていますが、これが二日酔いなどで脱水を起こしているときには、水分補給の効率があまりよくないのです。

かわりに「ハイポトニック飲料」と呼ばれるタイプの水分の吸収がすみやかなタイプのものを選びましょう。

ドラッグストアやスーパーで売られています。

ちなみにこのハイポトニック飲料は、手作りもできます。

レシピ:水2リットル(湯冷ましがベスト)、塩4グラム、砂糖30グラム、レモン果汁小さじ4

これをたっぷり飲みましょう。

塩はできるだけ天然塩を使うと、ミネラルもとることができます。

少し元気になったら、お風呂に入って汗をかくとさらに効果的です。

解消法②肝機能の回復:シジミエキス

 
3
 
昔から二日酔いにはシジミ汁がよいといわれていますね。

シジミにはタウリンという物質が含まれていますが、これは胆汁の分泌を促して、肝臓の解毒作用を助ける働きがあります。

さらに、シジミにはアミノ酸が豊富に含まれていますが、そのなかのアラニンとグルタミンは、アルコールを代謝する酵素の働きを高めてくれます。

二日酔いのお薬のような食べ物、肝臓の機能回復を助けてくれるシジミ汁は、まさに先人の知恵なのですね。

とはいえ、二日酔いで動く気力もないときに、シジミ汁をつくるのは難しい…。

そんなときは、インスタントのシジミ汁を食べましょう。

お酒が大好きで二日酔いもちょいちょい、という方は台所に常備しておくとよいかもしれません。

また、シジミエキスのサプリメントもさまざまな種類が出回っていますので、飲み会の前にコンビニなどで手に入れておくと安心です。

解消法③二日酔い用ドリンク

 
4
 
二日酔い用のドリンクとしては、大きく分けて2種類あります。

いろいろ試して、ご自分にぴったりの1本を見つけておくとよいでしょう。

1.胃もたれ、吐き気を軽減するもの
 
胃腸薬の役割をするもので、かなり以前から販売されていました。

荒れた胃腸を修復したり、吐き気を抑える漢方の成分が入っています。

2.肝機能を助けるもの
 
10年ほど前から、ウコンエキスの入ったドリンクが出回るようになりました。

飲み会の前にぐいっと飲み干す姿を、コンビニやドラッグストアの店先で見かけることがあるくらい、ポピュラーになりましたね。

ウコンには、消化不良を改善し、肝機能を助ける作用があります。

ほかにも、肝臓エキスやシジミエキスが配合されたドリンクもあります。

こちらはお値段も高いうえ、医薬品扱いでコンビニでは購入できませんが、口コミでは効果が高いようです。

「メタノール」が含まれるお酒は酔いが長続きする?

 
5
 
二日酔いしやすいお酒と、しにくいお酒があるって、ご存知でしたか?

見分け方は、お酒の色。

ウィスキー・ブランデー・ラム・赤ワインなど、色のついたお酒のほうが、白ワイン・ウォッカ・ジン・焼酎よりも、二日酔いが起こりやすいのです。

犯人は「メタノール」という物質で、これらのお酒のなかにある残留物に、ごく微量が含まれています。

メタノールを体内で分解するときに、ホルムアルデヒドとギ酸という物質がつくられるのですが、これらが二日酔いを引き起こす原因であるという研究結果があるのです。

もちろん、色のついたお酒でもメタノールを含まないものはあるのですが、「透明のお酒は二日酔いしにくい」と頭のすみに置いて、飲む種類やペースを考えるとよいのではないでしょうか。

まとめ

 
ときどき失敗があったとしても、お酒が楽しく飲めたときって本当に幸せなもの。

工夫しながら二日酔いにならないよう、お酒と付き合っていきたいですね。

 - 二日酔いを治す , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした