話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

ビックリ!鍋の焦げや汚れは「あるもの」を使えば簡単にピカピカになる!!

 
1
 
お料理をしていて、電話がかかってきたり、子どもの世話をしていたり…で、つい目を離したスキにうっかり鍋の焦げ付かせてしまった、なんてこと、誰にでもありますよね。

もう捨てるしかないかなと思うほど焦げ付いてしまったお鍋でも、使い勝手が良かったり、奮発して買った高級品だったりして、なかなか簡単に諦められるものではありません。

新しいのを買うのももったいないし、お鍋をゴミに出すのってちょっと手間だし、できればこの鍋を使い続けたい!

だからといって、こすっても磨いても真っ黒な焦げがこびりついたお鍋では、お料理できない…。

いったいどうしよう?と途方にくれてしまいます。

そこで今回は、焦げ付かせてしまったお鍋をピカピカによみがえらせる技をご紹介いたします。

なんと、どこのご家庭の台所にも備えてある「あるもの」を使えば、びっくりするほどきれいになるんです!
 


 

ステンレス鍋には重曹で

 
2
 
頑丈なわりに軽くて扱いやすいステンレスのお鍋は、毎日のお料理に大活躍のことと思います。

でも欠点は、焦げ付きやすいこと。

そんなステンレスのお鍋をきれいにしてしまいましょう。

用意するものは、重曹とスポンジです。

お鍋の汚れや焦げ付きは酸性なのですが、弱アルカリ性の重曹は、それを中和することができます。

また、重曹はクレンザーのように研磨剤として使えるものの、水を含ませると結晶がごく柔らかくなるため、磨くものの表面を傷つけにくいのです。

ですから、焦げ付きが軽いものであれば、水で溶いてペースト状にした重曹をつけて軽くこすればじゅうぶん落ちます。

このペーストは、水:重曹がおよそ1:2です。

汚れや焦げ付きがひどいときは、この場合は、水1リットルに重曹大さじ4の割合で重曹水をつくり、洗いたいお鍋に入れてください。

そして、約10分間沸騰させます。

このとき、火をかけてから水に重曹を入れるのは危険ですので、必ず先に重曹水をつくってからにしてくださいね。

最初は強火にして、沸騰してきたら、重曹の効果で泡がどんどん出てきます。

こうなったら中火にしてください。

10分間煮た後は、そのまま置いて冷ましますが、この間に茶色っぽい汚れや焦げ付きが浮いてくるはずです。

冷めきったら、水を捨ててスポンジで汚れを落とします。

手や指だけでも汚れがスルスル取れることもあるくらい、面白いようにきれいになりますよ!

それでも焦げ付きがひどい場合は、上の分量の重曹水に、お酢(クエン酸)を大さじ2ほど入れて、同じように沸騰?磨き上げを行ってください。

お酢を入れると、シチューやカレーなどの非常にやっかいな焦げ付きが浮いてきやすくなります。

ホーロー鍋にも

 
3
 
ところで、ガラスで表面加工されたホーロー鍋は、いったん焦げ付かせるときれいにできないことが多く、とても厄介なものです。

ですが、ホーロー鍋にもなんと重曹が使えるんです!

やり方は、ステンレス鍋のときと同じような手順で、重曹を入れて煮てください。

最後の磨き上げは、なるべくやわらかいスポンジを使ってくださいね。

ホーロー鍋はちょっと汚れが落ちにくいことがあるので、1回で満足がゆくほどきれいにならなかったら、この手順を何度か繰り返してください。

ホーロー鍋の焦げ落としは、焦らず時間をかけるのがコツです。

ちょっと手間ですが、きれいになりますので、試してみてくださいね。

テフロン加工にも

 
4
 
焦げ付きにくいといわれるテフロン加工されたお鍋やフライパンでも、使っているうちにコーティングがだんだんはがれてきて、焦げやすくなることがありますね。

無理にこするとますますコーティングがはがれそう…、こんなときも重曹水が使えます。

ステンレスと同様の手順で、重曹を煮立ててみてください。

力を入れずにスルッと焦げがとれますよ!

アルミ鍋にはお酢で

 
5
 
軽くて扱いやすいアルミニウムですが、焦げ付かせたわけでもないのに、だんだんと黒くなってきますね。

アルミのお鍋が変色してしまう理由をご存知ですか?

アルミニウムは酸素と結びつきやすい金属で、空気に触れるとすぐに表面に酸化した膜ができます。

この膜ができるおかげで錆びにくいのですが、非常に薄い膜なのでとても傷つきやすいのです。

酸化被膜が傷ついてはがれてしまうとむきだしになったアルミ素地が水道水にさらされ、水に含まれるミネラルと化学反応を起こし、「水酸化アルミニウム」というものが表面にできます。

この水酸化アルミニウムがさらにミネラルと反応を起こして、黒っぽくなってしまいます。

なお、人体に害があるような化学反応ではないのでご安心を。

さてそんな黒ずみですが、これをきれいにするにはなんとお酢が使えるんです。

水1リットルにつき、お酢(クエン酸でも)を小さじ2の割合で入れ、そのまま数十分?1時間ほど放置します。

10分ほど煮沸する、という方法でもOKです。

こちらはこすったりしなくても、酸が変色を中和して、もとのアルミニウムの色が戻りますよ。

ただ、このままではまたすぐに黒くなってしまうので、変色を防いてやりましょう。

米のとぎ汁が使えます。

水をはった鍋にとぎ汁を100ccほど入れ、10分ほど煮立てます。

その後、やわらかいスポンジなどで水洗いします。

こうするとふたたび酸化被膜ができるのです。

なお、アルミのお鍋を重曹水で煮てしまうと、アルミとアルカリが反応して真っ黒になってしまいます。

うっかりアルミ鍋をきれいにするつもりが黒ずませてしまった!

という場合も、お酢で元に戻すことができますよ。

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

意外なものが使えるものですね。

お鍋のしつこい汚れや焦げ付きに悩まされている方は、ぜひとも試してみてくださいね。

 - 鍋の焦げ落とし , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした