話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【スニーカーの洗い方】生地別のコツ解説|消しゴムが意外と便利!

 
1
 
スニーカーは、誰でも1足は持っているものですよね。

使われている生地は様々ですが、洗う時はどうしていますか?

どの生地でも同じように洗ってしまうと、スニーカーの寿命を早めてしまいますよ。

こちらでは生地別の洗い方について、ご紹介したいと思います。
 


 

キャンバス生地の場合

 
2
 
準備するものは、スニーカーが丸ごと入るくらいのバケツやタライ、ブラシ、洗濯用洗剤か運動靴専用の洗剤です。

ブラシはスニーカー専用のものが便利ですが、ブラシヘッドが奥まで届くような小さなものなら、専用でなくても使えます。

それとは別に使い終わった歯ブラシもあると便利です。

洗剤に関しては、洗剤表示を確認して指定がある場合はそれに従うようにしましょう。

手順についてはまず洗う前に、ヒモ付きの場合はヒモと中敷きを外しましょう。

それから泥など、すぐに落とせそうなものは先にこすっておくと後が楽です。

特に靴底の溝に石が挟まっていることや、ガムなどがついている場合があるので必ず確認するようにしましょう。

それからバケツやタライに40度以下のぬるま湯を入れて、外しておいたヒモと一緒にスニーカーを漬けます。

お湯が高温だとスニーカーを傷めますが、水だと汚れが落ちにくいのでぬるま湯にします。

このぬるま湯に洗剤を溶かし、1時間程漬けます。

もし汚れがひどい部分があれば、直接洗剤を塗って少しこすっておくといいでしょう。

時間については汚れの程度によって2時間漬けるのもいいですし、忙しい場合は夜寝る前に漬けておくと便利ですよ。

漬け置きが終わったら、スニーカーをブラシでこすります。

この時汚れた洗剤がスニーカーの中に入り込まないように、内側から外側へ汚れをかき出すようにブラシを動かしましょう。

靴底や細かい部分は歯ブラシを使ってこするとよくとれます。

最後にキレイな水でしっかりすすぎましょう。

すすぎが足りないと黄ばみの原因になるので、スニーカーから汚れが出なくなるまできちんとすすぐ必要があります。

あとはタオルなどで水気を拭きとって、風通しのよい日陰で乾燥させます。

直接日光に当てたり、熱を当てたりするとゴム部分がひび割れたり、変形の原因になるので注意が必要です。

なお乾かす時はハンガーを使うか、かかとを下にして斜めに立てかけておくようにしましょう。

中に新聞紙を詰めておくと早く乾きますし、形が崩れることも防いでくれます。

スウェード生地の場合

 
3
 
スウェード生地は比較的若い牛の皮を使用して作られ、やわらかい質感と強い耐久性があると言われています。

ただ革素材は基本的に水に入れて洗うことはNGなので、キャンバス地のように漬け置き洗いはできません。

また使用するブラシなどは、できればスウェード専用のものがいいですが、通常の靴にも使われる豚毛ブラシや馬毛ブラシも使えます。

ただキャンバス生地を洗うような、スニーカー用のブラシは靴を傷めるので使わないことをおススメします。

表面の汚れの場合は、専用の消しゴムで丁寧にこすって汚れを落とします。

その後ブラシで汚れとくずを払います。靴の中まで汚れている場合は、まずブラシで表面の泥などの汚れを払い、スエードクリーナーを靴全体に均一になるように吹き付けます。

その後濡らした綺麗なタオルで、しっかり拭き取ります。

この時、汚れがしみ込んだ部分を叩くようにするとシミが取れやすいです。

色の薄い靴の場合はクリーナーの成分が革の中に残ると、色が濃くなる場合があるので丁寧に落としましょう。

あとは風通しのよいところで、陰干しします。

なおスウェードは防水が必須だと言われています。

理由はスウェードの革が表面に防護層を持たず、革の繊維が露出している為だそうです。

雨に晒されただけで雨水や汚れが中に浸透し、一度汚れが入ってしまうと完全に除去するのは難しいので、靴を履く前に必ず防水スプレーをするようにしましょう。

革生地の場合

 
4
 
スウェード生地と同じく、洗う時は注意が必要です。

水洗いが可能と表示されているものでも、水を含むと表面がひび割れしたり、劣化が早まる恐れがあるのでできるだけ避けた方がいいでしょう。

もちろん漬け置きはNGです。

使うブラシはできれば専用のものを、選ぶなら豚毛よりやわらかい馬毛がおススメです。

合成皮革の場合、ぬるま湯に浸しよく絞ったやわらかい布で拭き、それでも落ちない場合は専用のクリーナーで落とします。

天然皮革の場合は、最初に専用のブラシで汚れを取り除き、専用クリームを布につけてスニーカー全体に塗って汚れを落とします。

余分なクリームはやわらかい布で拭きとりながら、よく磨いて仕上げます。

なお靴専用の洗濯機もあるようですが、革生地、スウェード生地は靴が傷むので使用しないように、もちろん家の洗濯機で洗ってはいけません。

革生地の場合、普段から汚れを定着させない工夫が必要です。

恐らく購入時に注意書きなどがついてくると思いますので、捨てないでとっておくようにしましょう。

履く前に防水スプレーをして、防水、防汚対策をする、履いた後は軽くブラシをかけるなどすると、綺麗な状態を長く維持できると思います。

乾燥させる時はハンガーの両端を折り曲げて使うと効果的

 
5
 
スニーカーを乾燥させる場合、かかとを下にして斜めに立てかけておいてもいいですが、ハンガーを使う方が早く乾くかと思います。

スニーカー専用のハンガーも販売されているようですが、自宅にある針金ハンガーでも同じようなものが作れます。

方法は簡単で、針金ハンガーの両端を上向きに折り曲げるだけです。

スニーカーの大きさなどによって角度などは変わると思いますので、何度か調整するとうまくいきますよ。

ソールの黒ずみは消しゴムで!

 
6
 
靴底がアウトソール、足裏がインソール、その2つの間に入るソールの中間部分をミッドソールと呼びます。

このソール部分の汚れは、消しゴムを使うと綺麗に落ちます。

強めにこすると大抵の黒ずみはとれるので、とても便利ですよ。

是非試してみてください。

ただ消しゴムのカスが大量に出るので、室内で行うならあらかじめ新聞紙をひいておくなどした方がいいでしょう。

まとめ

 
いかがでしたか?

お気に入りのスニーカーなら、長く綺麗に履きたいですよね。

その為にも生地別の洗い方はもちろん、普段からのお手入れも大切ですよ。

 - スニーカーの洗い方 ,

  関連記事

関連記事はありませんでした