話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【便秘解消マッサージ】効果の高い代表的な方法5つをご紹介!

 
1
 

便秘って本当に辛いですよね…。

お腹が張って太ったようになるし、体が重く感じて動きにキレがなくなるし、ときには顔に吹き出物が出たりして。

腰痛や肩こりの原因にまでなることもあります。

一説によれば、女性の半分近くが便秘に悩まされているそうです。

男性に比べて体が冷えやすいことや、生理周期によってホルモンバランスが変化することが原因といわれています。

ところであなたは、便秘に悩まされたとき、どんなふうに対応なさってますか?

たくさん水を飲んだり、運動してみたり、あるいは薬に頼らざるをえないこともあるでしょうか。

「でも、それでは少し時間がかかる…。」

「いま、出したい!」

ということもありますよね。

さて、最近になって、便秘を解消するための即効性のある方法として、腸のマッサージが脚光を浴びつつあります。

どうしてマッサージに効果があるのでしょうか?

それは、腸が筋肉でできているから。

そして、便秘はその筋肉が凝り固まったために起きているから、なのです。

今回は、そんな話題の「便秘解消マッサージ」をご紹介いたします!

朝、ベッドから出る前のほんの短い時間でできるマッサージです。

なお、薄手の服の上からでもできますし、肌にマッサージオイルを塗って直接行うこともできます。
 


 

「の」の字マッサージ

 
2
 
腸管は体の正面からみて、「の」の形を描いています。

それに沿って行うもっともシンプルな方法です。

1.仰向けになって、できれば腰の下にクッションや座布団を入れてください。

こうすることで腸がやや伸びた状態をつくれます。

2.両の手のひらをおへその上に置いて、お腹を温めるような感じで優しくさすってください。

これで、まずは腸の緊張が取れます。

3.揃えた指の腹もしくは手のひら(力の調節がしやすい方)を使って、少しお腹を押さえながらゆっくりと時計回りにさすってください。

力を入れすぎないように注意して、気持ち良いと感じるまで、10〜30回ほどやってみましょう。

腸が固くなっているところや、ゴロゴロ音がするところなどが分かるはずです。

握りこぶし圧迫マッサージ

 
3
 
腸管がカーブしているところは、便が滞りがちになります。

おそらく、自分でお腹をさすったときに、ゴツゴツと固くなっていると感じる場所が、カーブしているあたりではないでしょうか。

そんなときは、ちょっと力を入れて圧迫してみましょう。

くれぐれも、力加減には注意して、痛いと思ったときにはすぐに中断しましょう。

1.体勢は、仰向けでも体を起こした状態でもかまいません。

2.お腹の右上・左上・左下のあたりに握りこぶしを押し付けます。10〜20秒ほど、少し強めに押し込む感じで圧迫します。

腸押し上げマッサージ

 
2
 
近年になって判明した便秘の原因の一つに「落下腸」があります。

なんだか怖いですが…これは、お腹の上側を通る腸の位置が下方向にズレてしまった状態のことをいいます。

生まれつきのことが多く、位置のズレそのものは簡単にはなおせませんが、便秘を解消することはできます。

1.仰向けになって立膝をし、腰の下にクッションや座布団を入れ、10センチほど腰を浮かせます。

2.下腹部からおへその上まで、両手で押し上げるようにさすってください。お腹がややへこむ程度の力加減です。

3.1分間程度続けます。

このマッサージは、できれば起床時と就寝時の1日2回行うのが理想的です。

「結腸」刺激マッサージ

 
3
 
「ねじれ腸」ってご存知ですか?

こちらも、ごく最近知られるようになった便秘の原因で、通院が必要なほど重い便秘の方の大半がこのねじれ腸なんだそうです。

大腸の一部が文字通りねじれてしまっているため、その箇所で便が詰まりやすくなり、便秘になってしまうというわけです。

これを解消するには、「結腸」を刺激するマッサージが有効です。

ねじれの起こりやすいのは、横行結腸・下行結腸・S状結腸の3箇所で、もし押さえると痛みを感じるという方は、ねじれ腸の恐れがあります。

さっそくほぐしてみましょう。

1.仰向けになって、腰の下にクッションや座布団を入れます。

2.右手の指先をおへそに当て、左手の指先はわき腹に当て、軽く突くように揺らします。約1分間続けます。

3.両手を下腹部にあてて、腸を揺らすイメージで1分間さすります。

4.ここで立ち上がり、左右に体をひねる体操をします。これで結腸全体が揺れます。

このマッサージも、できれば起床時と就寝時の1日2回行うのが理想的です。

背中マッサージ

 
2
 
腰のコリ(腰痛)と便秘は、実は深い関連があるといわれています。

背中には、便秘解消のツボが2つあります。

1.便秘点

 
名前の通り、便秘に直接効果のあるツボです。また、腰痛にも効くといわれています。

ウエストのくびれに手を置いた状態で、親指のある場所がツボです。

2.大腸兪(だいちょうゆ)

 
腰骨付近にあるツボで、大腸機能のトラブルを治すほか、座骨神経痛にも効果のあるツボだそうです。

仰向けになり、握りこぶしをツボの位置に当てて、体を左右に許すと、効率良くツボを刺激できます。

いずれの場合も、必ず最後に常温のお水もしくはお白湯を飲みましょう。

マッサージの効果が倍増されます。

まとめ

 
いかがでしたでしょうか?

たかが便秘と思っていましたが、原因も対処法もさまざまなんですね。

この便秘解消マッサージは、自分だけでなくほかの人にやってあげることもできます。

たとえば、ずっとベッドの上で体を動かさずにいる寝たきりの方などは、とても便秘になりやすいのです。

介護の現場でも役立てることができそうですね。

 - 便秘解消マッサージ , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした