話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

ネクタイってクリーニングに出すもの?頻度や料金相場は?

 
1
 
ネクタイをクリーニングに出すかどうか、迷う方も多いのではないでしょうか?

カレーが飛んだとか、目立つ汚れならまだしも、ネクタイの汚れはほとんど見えないものです。

こちらではそんなネクタイのクリーニングについて、ご紹介したいと思います。
 


 

あんまり汚れてないように見えるけど・・・

 
2
 

例えば真っ白なワイシャツの汚れは、目で見てすぐに分かりますよね。

でもネクタイは基本的に柄があって、色も濃いものが多い為、汚れに気付かないことがほとんどです。

ネクタイは体の中心にある訳ですから、食べ物や飲み物はもちろん、空気中のチリ、ゴミ、汗、皮脂など想像以上の汚れが付着しています。

もしネクタイが手元にあるなら、裏側にある折り返し部分を確認してみてください。

購入してから洗濯、クリーニングに出していない場合はかなり汚れている筈です。

裏が汚れているなら、表はもっと汚れている筈ですよね。

ネクタイってクリーニングに出すもの?

 
3
 
迷う方も多いかもしれませんが、実はネクタイは定期的なクリーニングが必要です。

更にシミなどがついた場合は自分で無理に落とそうとせず、できるだけ早くシミ抜きを依頼する必要があります。

そもそもシミとは空気中に浮遊している化学物質、紫外線、また人体から分泌する皮脂や垢などが繊維に結合した、通常のクリーニングでは落とせないもののことです。

時間の経過、汚れの種類によっては、シミを落とすのに高度な技術を必要とする場合があります。

シミがつくと大抵の人は焦って、水に濡らしたハンカチなどで拭き取ろうとしますが、これはかえって生地を傷める結果になります。

ネクタイは基本的に絹素材が多いのですが、これは元々非常に毛羽立ちの起きやすい素材なのです。

絹でなくてもネクタイは摩擦、スレが起きやすい場所に着用する為、生地が傷みやすいもの。

強くこすると生地をダメにしてしまいますし、シミ抜きの場合は正しい知識と手順を必要としますから、プロに任せるべきです。

更にネクタイは締めやすいことを目的に、生地を斜めに裁断したパーツを組み合わせて作られているものが主流です。

特に首を絞めつける部位、つまりネクタイの真ん中付近ではどうしても型崩れが生じてしまうもの。

だから自宅での洗濯は難しく、その為ネクタイはクリーニングに出すべきだと言われています。

クリーニングに出す頻度や料金の相場

 
4
 
ネクタイをクリーニングに出す頻度は、ご家庭にもよりますが、一般的には「1か月に1回」、「半年に1回」、「各シーズンごと」などが多いようです。

料金の相場については、汚れの種類、程度などによる追加料金の発生や、お店によってどうしてもばらつきが出ますが、平均すると1本あたり300円から600円くらいのようです。

1000円を超えるようなところはまずないと思われますので、このことからも特に奮発して購入したブランドのネクタイや、なにか思い入れのあるものなどはクリーニングに出すべきかと思います。

自宅で洗っても大丈夫?

 
5
 
「自宅で洗える」が謳い文句のネクタイも販売されていますよね。

そういったものはタグに洗濯可と書かれていて、基本的に素材はポリエステルが多いかと思います。

その場合は自宅での洗濯が可能ですが、必ずタグの確認はするようにしましょう。

それから自宅での洗濯の場合は、必ず「洗濯ネット」を使用すること。

ただの袋タイプではなく、半分に折ってヒモで縛ることができるタイプがおススメです。

ネクタイが中である程度固定されるので、型崩れが最小限に抑えられます。

ダイソーなどの100円均一に売っていますよ。

洗濯ネットに入れる時は、ネクタイをキレイに伸ばしたままで入れて、チャックを締めてヒモを縛ります。

中身が動かないように、できるだけ丁寧に洗濯機に入れましょう。

洗剤はおしゃれ着用を使用するべきです。ただどんなに気をつけていても、洗い上がりはくったりしてしまうもの。

大事なのは干した後に、アイロンがけをすることです。

アイロン専用の当て布が売られているので、それを当てて裏側からアイロンがけをしましょう。

直接アイロンがネクタイに触れることなく、熱やスチームがちゃんと届きます。

ただ、タグに洗濯可と表示があったとしても、絹素材のものは特に生地が波打ったりしてしまうようですし、ひどい型ずれをする場合もあります。

というわけで、特に高価なネクタイの場合は、仮に洗濯可であっても自宅での洗濯は避け、クリーニングに出した方が良いでしょう。

【豆知識】ネクタイはクロアチア発祥だった?

 
ネクタイの原型ができたのは、17世紀頃と言われています。

有力なのはルイ13世を守るためにクロアチアの兵士がフランスを訪れた際、彼らが首に巻いていたスカーフが起源であるという説です。

クロアチア兵が首に巻いているものが気になり、ルイ14世が側近に尋ねたところ、側近はクロアチア兵について尋ねられたと勘違いし「クラバット」すなわち「クロアチア兵」と答えた為、彼らが首に巻いていたものを「クラバット」と呼ぶようになったと言われています。
 
6
 

ただこの「クラバット」という言葉は14世紀のフランスで既に使われていた、という説もあるので、真実ははっきりしないようですね。

ともかくクロアチアはネクタイ発祥の地とされ、現地のお土産として数多くのネクタイが売られているそうですよ。

ちなみに日本にネクタイが伝えられたのは、18世紀頃と言われています。

日本人として初めてネクタイを着用したとされるのは、中浜万次郎ことジョン万次郎。

もと土佐国の漁夫の息子だった彼は、1841年に漁の際に遭難、アメリカの捕鯨船に救助されました。

当時の日本は鎖国中だった為に帰国することが叶わず、彼はアメリカ本土で英語の勉強などをして1851年に帰国。

その際の所持品目録にネクタイがあったと言われています。

その後、1884年10月1日に日本で初めてネクタイが生産され、日本ネクタイ組合連合会が10月1日をネクタイの日と決めたそうですよ。

まとめ

 
いかがでしたか?

これまであまりネクタイに関心のなかった方も、クリーニングの重要性やその歴史について、知って頂けたかと思います。

ちなみに使い終わったネクタイは、結んだ時にできたシワを伸ばすように丸めておき、シワが伸びたらハンガーなどに吊るして風通しのよい場所にかけておくのがいいそうですよ。

この時に汚れやシミがないか、チェックするといいですね。

 - ネクタイのクリーニング , , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした