話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【急性胃腸炎】原因と症状、対処の際に注意したい2つのポイント

 
1
 

急性胃腸炎で病院を訪れる方は、非常に多いです。

季節を問わず、またその年齢も様々で、家族そろって医療機関にかかることも珍しくありません。

それは何故でしょうか?

原因や症状、またその対処法について、こちらでご紹介したいと思います。

 


 

そもそも急性胃腸炎の定義とは

 
2
 

急性胃腸炎の定義とは、突然の嘔吐や下痢を伴う「一過性の胃腸炎」のことです。

ウイルス性胃腸炎と、細菌性胃腸炎の2種類に分けられます。

ほとんどがウイルス性胃腸炎で、別名「感染性胃腸炎」と呼ばれ、細菌性胃腸炎の場合は別名「食中毒」と呼ばれます。

急性胃腸炎の原因

 
3
 

2種類に分けられる急性胃腸炎ですが、細菌性の場合は特に夏場、ウイルス性の場合は主に冬場に起こることが多いと言われます。

夏場は気温が高くなるので、細菌性胃腸炎(食中毒)が流行する季節です。

サルモネラ、腸炎ビブリオなどが有名で、魚介類の加工品、肉、卵などから感染することがあります。

もしこれらのものを食べた後しばらくして、下痢や腹痛を起こしたら、食中毒を疑いましょう。

なお集団でかかることもありますが、体力や免疫力などの差から同じものを食べてもかかる人と、かからない人がいます。

ウイルス性の急性胃腸炎は、ノロウイルス、アデノウイルスなどが有名で「お腹にくる風邪」とも言われます。

成人のウイルス性胃腸炎の大半はこれです。

生カキやホタテ貝などの二枚貝から、調理人の手などを介して感染することが多いと言われます。

ウイルス性の場合は、口から入ったものが十二指腸から小腸の粘膜上皮に感染することで発病します。
 
4
 

便や嘔吐物に含まれるウイルスから感染する場合もあり、更に汚染された場所に触れるだけで感染することもあります。

なお症状には個人差があるので、例え下痢がなくても腸炎になっている場合があります。

ストレスと急性胃腸炎の関係

 
5
 

急性胃腸炎は、細菌性、ウイルス性のどちらも個人差が出ることが特徴です。

同じものを食べて、かかる人とかからない人がいるのは、体力や免疫力の差が関係しています。

体力や免疫力は「ストレスの多い」生活を送っていると特に低下しやすい為、注意が必要です。

ストレスは免疫力を低下させますし、ストレスによる睡眠不足は体力の低下を招きます。

すると細菌やウイルスの動きは活発になり、けれど体の免疫力は低下しているからそれらと戦うことができません。

更にストレスは自律神経に伝わると、胃腸の動きを活発にします。

すると必要以上の胃酸を出してしまい、胃粘膜が荒れます。

つまり胃が弱った状態になるので、普段なら口にしても問題のない食べ物でも急性胃腸炎になってしまうのです。

急性胃腸炎の具体的な症状とは?

 
6
 

基本的には下痢、嘔吐、腹痛、発熱、倦怠感、血便などですが、個人差が極めて大きく、症状の持続期間も人によって異なります。

基本的に下痢、嘔吐を2~3回以上繰り返すようなら、医療機関を受診しましょう。

特にご年配の方、幼児は注意が必要です。

感染性胃腸炎の場合はうつるので、家族全員がかかる場合も多く、そうなるとかなり辛いことになります。

家族の誰かがかかった場合は、嘔吐物や便の処理は手袋やマスクを、手についた時は水で洗ってアルコール消毒するなど感染を防ぐようにしましょう。

それでは次に、急性胃腸炎になってしまった時の対処のポイントを2つお話していきます。

対処ポイント① 水分・電解質を補給する

 
7
 

急性胃腸炎の場合はとにかく、水分補給が重要です。

下痢、嘔吐で体液を失うと脱水症の危険性が出てくるので、ただの水ではなく電解質を一緒に補給することが必要です。

ポカリスエットなどのスポーツ飲料を少しずつ飲むのが一般的ですが、ドラッグストアで販売されている経口補水液「OS-1」がおススメです。

医師が勧めることもあり、調剤薬局にも大抵置いてあります。

なお冷たい状態で飲むとそれが刺激になり、余計に下痢が酷くなることがあるので、必ず常温で飲むようにしましょう。

また食事をとらないと回復しないと思う方も多いようですが、基本的に腹痛がある内は絶食が望ましいです。

それからグレープフルーツジュースや、コーヒーなどの胃に対する刺激が強いもの、牛乳などの乳製品は消化が悪いので避けましょう。

とにかく胃腸に負担をかけないようにして、水分、電解質の補給をしっかりすることが大切です。

薬についてですが、細菌性の場合は抗生物質を処方されますが、ウイルス性の場合は有効な抗ウイルス薬がない為、ナウゼリンなどの吐き気止めや整腸薬などが処方されることがほとんどです。

対処ポイント② 下痢止め薬は飲まない方が良い

 
8
 

下痢、嘔吐は基本的に有害なものを体外に排除しようとする、体の防衛反応です。

それを無理に止めてしまうことは、症状を長引かせることになります。

また細菌性の急性胃腸炎の場合、下痢止めを飲むことは症状を慢性化、悪化させる可能性があると言われます。

ウイルス性か細菌性かは、医師でも即断できないそうです。

その2種類が合併して起こることもあるので、下痢止めは飲まない方がいいでしょう。

下痢が続くと辛いとは思いますが、止めるよりも失われた水分、電解質の補給をするようにしましょう。

ストレスが原因の場合、薬では治らない

 
9
 

ストレスは様々な体の不調を引き起こします。

体力、免疫力の低下、自律神経の乱れなど、あらゆる病気の原因になります。

特に急性胃腸炎は個人の免疫力が影響します。

ストレスが原因の場合、その根本の原因について対処しなければ、回復したとしてもまた症状を繰り返すことになってしまいます。

またストレスの影響を最も受ける臓器は、胃腸だと言われます。

神経性胃炎、ストレス性胃腸炎など聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ストレスは胃の収縮、痙攣を起こします。

また胃の運動機能低下による、消化不良も起こします。

また腸をコントロールする自律神経が刺激を受けると腸が異常収縮するので、下痢になります。

ただこういった症状を深刻に考えることも、ストレスになります。

下痢や嘔吐は脱水症に気をつける必要はありますが、まず命に係わることはありません。

あまり深刻に悩まず、日常生活に支障が出る場合は医療機関を受診するといいでしょう。

まとめ

 
いかがでしたか?

急性胃腸炎は、誰もがかかる可能性があります。

原因や症状、対処法を知り、もしもの時に備えておけば、安心です。

また予防する為に、日々の生活を見直しましょう。

病気を寄せ付けない為にも、心身ともに健康的な生活を送りましょう。

 - 急性胃腸炎 , , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした