話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【洗濯機のカビ取り方法】台所の「あのアイテム」でも簡単に!!

 
1
 

洗濯機に生えるカビってなかなか厄介ですよね。

不快な臭いの元になったり、茶褐色や黒色の小さなカスがついていたり…。

せっかく汚れを落としたはずなのに、これでは台無し。

というわけで、今回は台所の「あのアイテム」を使って、誰でも簡単にカビ取りが出来る方法をご紹介していきます!

 


 

洗濯機にカビが生える原因

お掃除方法の前に、そもそも洗濯機にカビが生える原因は、いったいなんなのでしょう?

洗濯槽のなかって、とても清潔なイメージがありませんか?

なにせ、来る日も来る日も洗剤と水で洗われているようなものですから…。

原因その① カビのエサがたくさん

 
2-2
 

この洗濯槽の中は、カビのエサのパラダイスだったんです!

・衣服についていた食べ物や垢

・洗濯のときに溶け残った洗剤

・石けんカス

こういった、いわば洗濯時の「ゴミ」は、とくに洗濯槽の裏側によくたまります。

カビは生き物ですのでエサが必要なのですが、こういった残り物はすべて、カビを育てる絶好の栄養になってしまうのです。

原因その② 湿気と温度

 
3
 

カビが育つには水が必要ですが、水びたしの状態では案外生えてきません。

ところが、洗濯が終わった後の洗濯槽のなかに残っている程度の水分は、カビにとってとても適量なのです。

また、汚れた衣類を洗うまで洗濯機のなかに入れたままにしておくご家庭もあると思いますが、服にしみた汗などもまた、カビが好む湿度の高い環境をつくってしまいます。

カビが繁殖しやすい温度は20〜30度で、春から秋にかけてがシーズンですが、機密性の高くなった最近の住宅環境では、冬でも室内の気温が上がっています。

冬ならば大丈夫ということもないのですね。

カビの繁殖を抑えるには・・・

 
4
 

このように、エサ・湿気・温度と三拍子揃った洗濯槽は、カビの大好きな環境というわけなのです。

とくに、縦型の全自動洗濯機であれば、洗濯槽が二重構造になっているものがほとんどだそう。

そのすき間には当然、湿気やカビのエサがたまりやすくなります。

そこで、カビの繁殖を防ぐために、日々のお洗濯をするうえで、少しだけ気をつけてみていただきたいことがあります。


1.洗剤の使用量を守ること(溶け残り防止)

2.洗濯機のふたは、開けたままにしておくこと(通気をよくする)

3.汚れた衣類を洗うまで洗濯機に保管しないこと(湿気をこもらせない)

この3点を注意すれば、カビの繁殖をおさえることができます。

最近では、洗濯槽を乾燥させる機能を備えた洗濯機もあるようですので、そういった機能も上手に使ってみるとよいですね。

カビ取りの方法

 
5
 

それでもカビが生えてしまったら、徹底的にお掃除しましょう!

あなたは、洗濯槽のお掃除はどのようになさっていますか?

プロにお願いすれば、洗濯槽を分解して細かい部品のすみずみまできれいにしてもらえます。

ただし、費用はそれなりのもの。

ドラッグストアには洗濯槽専用の洗浄剤がいろいろ売られていますし、こういった商品をお使いの方も多いでしょう。

でも実は、どこのご家庭にもあるような洗剤や台所にあるようなアイテムで、簡単かつ効果的にお掃除できてしまうのです!

それではいよいよお待ちかねの洗濯機のカビ取り方法をご紹介してまいりましょう。

まずは洗濯槽用の洗剤を使った方法です。

カビ取りその① 酸素系漂白剤を使う

 
6
 

粉末でも液体でもどちらでもかまいませんが、必ず、「酸素系」の漂白剤をお使いください。

量は500グラム〜1キロほど準備してくださいね。

10リットルに10グラムの割合です。

アルカリ性なので、お肌が弱い方は直に触れないよう気をつけてください。

ゴム手袋などをはめておくことをオススメいたします。

カビ取りの手順は次の通りです。


①洗濯槽に最高水位で50度のお湯をためます。追い焚きした風呂水が良いですね。冷たい水、あるいはお湯が熱すぎる(60度以上)でも、効果は落ちます。

②漂白剤を溶かし入れます。

③5分間ほど回します。

④2時間以上放置します。長いあいだお掃除したことのない洗濯機であれば、一晩放置がオススメ。ただし、あまり長時間の放置は、洗濯機を痛めるおそれがあるのでご注意を。

⑤もう一度、5分ほど回して、浮いてきた汚れをはがしきります。

⑥ゴミすくいネット(100円均一ショップにあるようなもの)で、浮いている汚れを取り除きます。

⑦排水後、今度はきれいな水を入れて、洗い〜排水まで行います。

⑧汚れが出なくなるまで洗い〜排水を繰り返してください。

お使いの洗濯機が、洗濯槽の乾燥モードのついているタイプならば、しっかり乾燥まで行いましょう。

次に、台所にある「あのアイテム」での掃除方法をご紹介していきますね。

カビ取りその② 「重曹とお酢」を使う

 
7
 

そう、なんと台所にあるこんなものを使っても、洗濯槽のお掃除ができちゃうんです!

アルカリ性の重曹と、酸性のお酢が反応して、汚れが落ちる仕組みだそうです。

この方法は、環境に優しいところも素敵ですよね。

重曹をコップに1杯、お酢は30ミリリットルほどをご用意ください。

お掃除の手順は次の通り。


①洗濯槽に最高水位で水をためます。風呂水くらいのぬるま湯がベストです。

②5分間ほど回します。

③2時間ほど放置します。

④再び5分ほど回し、ゴミをすくいます。

⑤漂白剤のときと同じく、汚れがなくなるまで洗い〜排水を行います。

こちらも、お掃除の後はしっかり乾燥させましょう。

いずれの場合も、お使いの洗濯機が斜めのドラム式であれば、最高水位まで水をためると、途中でふたを開けることができませんので、その点はご注意ください。

また、洗濯槽だけでなく、取り外せる部品はすべて外して、このタイミングで細かい部分まで掃除しておきましょう。

まとめ

ご参考になったでしょうか?

梅雨の時期や夏の間、洗濯槽の匂いが気になることも増えるでしょう。

上手にお掃除して、黒カビの悩みからスッキリ解放されましょう!

 - 洗濯機のカビ取り, 知って得する! , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした