話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

熱中症の原因と頭痛などの症状が出たときの治し方・対処法

 
1
 

このところ、夏場のニュースでよく見聞きするようになったのが熱中症の話題ですね。

熱中症は真夏だけではなく、気温の変化に体が慣れていない、梅雨明けの時期にも起こります。

炎天下の屋外だけなく、室内であっても症状が出ることも。子どもやお年寄り、体力の弱っている方であれば、命に関わることもあるのが熱中症です。

今回は、そんな熱中症の対処法について、ご紹介いたします。

 


 

熱中症の具体的な症状って?

人間の体の中では、熱を作る働きと熱を外に出す働きが同時に行われており、常に体温を一定に保っています。

熱を外に出す働きは、汗をかくことですね。

ですが、高温が長く続いて汗をたくさんかいてしまうと、体内の水分や塩分が失われてしまいます。

また、湿度が高い環境だと、汗が蒸発せず気化熱で体を冷やすことができないので、体内に熱がこもったままになってしまいます。

このように、熱を外に逃がす仕組みがうまく働かず、体の不調が起きた状態、これが熱中症です。

熱中症には、いろいろな症状があります。

めまいや立ちくらみ、頭痛や吐き気は、分かりやすい症状ですね。

ほかにも、筋肉痛やこむら返りといった症状が出ることもあります。

また、ひどい場合は意識障害やけいれんが起きたりもします。

 
2
 

熱中症で頭痛になる原因

数ある熱中症の症状のその中でも、特に起こりやすい「頭痛」について調べてみました。

熱中症のときの頭痛って、何が原因で起きるのでしょうか?

答えは水分不足。

汗をたくさんかくことで体内の水分が失われますが、脳も水分不足を起こすのです。

熱中症のときに限らず、脳が水分不足を起こすと頭痛になりやすい体質の人がいますが、そうでない人でも、高温多湿時の脱水症状で頭痛は起きてしまうのです。

また、空腹時は血液の流れが悪くなるため、脳に流れる血流も減ることになり、頭痛を起こしやすくなることも。

さらに、強い日差しが目に入ることが、頭痛の引き金になる方もいるようです。

ところで、熱中症による頭痛で一つ気をつけておきたいことがあります。

それは、昼間の炎天下でなく、夜になってから頭痛が起きてしまうケースがあるということ。

気温が下がってから症状が出るので、熱中症が原因と気づくのが難しいのです。

夏の夜に頭痛が起きたら、暑い中で水を飲まずに長時間過ごすなどしていなかったかなど、昼間の行動を思い返してみると良いかもしれません。

 
3-1
 

熱中症による頭痛の治し方・対処法

脱水症状による頭痛なので、とにかく水分補給するのがいちばんです。

失われたミネラルを補給できるスポーツドリンクを飲むのも良いでしょう。
 
3-2
 

近ごろは、ミネラルを補給できるキャンディなどもたくさん販売されていますので、気に入ったものがあれば常備しておくと良いですね。

飲み物は、一気にたくさん飲むのではなく、小分けにするのがオススメです。

次に体温を下げること。

涼しい場所に移動させたり、首回り・足の付け根・脇の下などに氷のうなどを当てて冷やすと効果的です。

なお、額を冷やすとその瞬間は気持ち良く感じるのですが、長時間冷やすとかえって頭痛がひどくなる原因になってしまうことがあるので、要注意です。

 
4
 

バファリンやロキソニンは効果があるか?

頭痛が起きやすい方ならお分かりと思いますが、いったん起こった頭痛を鎮めるのはなかなか難しいこと。

水を飲んでも、体を冷やしても、一向に症状が改善しなかったら、とても辛いですよね。

そんなときに市販の鎮痛剤、例えば「バファリン」や「ロキソニン」などは効果があるのでしょうか?
 
5
 

結論から言えば、、一時的に頭痛を和らげることはできます。

しかしこれは「痛み」に対する対症療法であって、「熱中症」を治すお薬ではありません。

というわけで、痛みの原因によっては、まったく効かないというケースもあるようです。

ですので、熱中症による頭痛であれば、痛み止めを使うのはあくまで補助的なものと考えてください。

市販薬で「痛み」だけ取り除いても、仮に頭痛の原因が「脱水症状」だったりする場合には、かえって体に良くありません。

できればお医者さんに行って診てもらうようにしましょう。

 
6
 

熱中症の種類と重症度

熱中症とは、気温の高い環境におかれた人に起こる、体の不調すべてをあらわす言葉です。

熱中症の症状を大まかに分類すると、「熱失神」「熱けいれん」「熱疲労」「熱射病」の4つに分けられます。

また、症状の種類や度合により、熱中症は以下の3つの「重症度」に分類されています。

1度(軽度):意識と体温は正常

・熱失神:めまい、失神(脳への血流が一時的に不足した状態。脈が速い。顔面蒼白。呼吸回数増加)

・熱けいれん:筋肉痛、筋肉の硬直(「こむら返り」の状態。発汗による塩分不足で起こる)

2度(中度):意識は正常。体温は非常に高いのに、皮膚は冷たい。

・熱疲労:頭痛、吐き気、嘔吐、下痢、倦怠感、失神、虚脱感。または、これらがいくつか重なり合って起きた状態。

3度(重度)

・熱射病:高体温(体に触ると熱く感じる。「重度の日射病」と呼ばれていた状態)

・このほか、「2度の症状に重なりあって」、意識障害、けいれん、運動障害、異常な行動・言動、過呼吸、ショック症状などが、起こった状態。

頭痛の重症度は「2度」(中度)

上記の分類でみると、頭痛は2度(中度)に入るのですね。

なお、日本救急医学会のガイドラインによると、2度というのは医療機関の診察が必要なレベルとされています。

「たかが頭痛」と甘く見ては危険ということです。

まとめ

ご参考になったでしょうか?

熱中症の症状でもっとも多いといわれるのが頭痛だそうです。

これからますます暑くなりますが、熱中症対策を万全にして、楽しい夏をお過ごしくださいね。

 - 熱中症 , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした