話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

スポンサーリンク

礼服って毎回クリーニングに出すもの?頻度や料金は?

 
1
 

礼服のクリーニングって、いつ出すか悩むところですよね。

1回に着ている時間は短く、しかも今度はいつ必要になるかわからないことがほとんどです。

料金も気になるところ。そんな訳で今回は礼服クリーニングの頻度や料金について一緒に見ていきましょう。

 


 

どれくらいの頻度がベスト?

たとえ数時間~半日しか着ていなかったとしても、礼服は使った後すぐにクリーニングに出すことをお勧めします。

そのまま収納して、次に着ようと思ったらカビが生えていた、虫に食われていた、というのはよく聞く話です。

そうなれば新しい礼服を買わざるを得ず、痛い出費になりますよね。

ただし一定期間内に何度も着用する場合は、全部終わった後でも大丈夫です。

その都度クリーニングに出していると料金も馬鹿になりません。

ですがその際は、一度着たらブラシをかける、通気性をよくしておくなど工夫をするようにしましょう。

特に夏場は汗をたくさんかきますし、梅雨時期は湿気が多いので注意が必要です。

 
2
 

見えない汚れが知らぬ間に・・・

礼服は仕舞っている期間が長いですよね。

汗や皮脂が染みこんだままで収納すると、湿気の原因になります。

タンス、クローゼットなどで長期間保管している間に湿気がこもり、収納空間だけでなく衣類自体にカビやシミが発生してしまうんです。

また汚れや皮脂は時間が経過すると共に、シミ、黄ばみの原因になり、落とすことが難しくなります。

更に礼服で食事をすると、一見汚れているように見えなくても確実に食べ物や飲み物は付着しているものです。

これらは害虫にとって栄養分になり、天然素材だけでなく化学繊維でも虫食いの被害にあってしまいます。

 
3
 

普通のクリーニング VS 礼服クリーニング

料金で比べると、大体どこのお店でも礼服クリーニングの方が高いようです。

スーツ上下の料金を1000円くらいとすると、礼服は1500円~2500円くらいでしょうか。

もちろんお店によって異なりますし、割引券が使えることもあるようなので値段は変動しますが、それでも基本的に礼服クリーニングの方が高くなるようです。

その理由は、普通のクリーニングと比べて、礼服クリーニングには手間がかかるから。

例えば礼服は汚れがつくのを防ぐ為に他の種類と一緒に洗わない、長期保存されるから抗菌、防カビ加工をする。

食事をする時汚れから守り、ついたとしてもシミにならずキレイに落とせるように、撥水加工をするなど、普通のクリーニングにはないような作業が必要なんです。

それだけ手間がかかるから、礼服クリーニングの料金は高くなってしまうようですよ。

 
4
 

チェーン店 VS 個人店

次に、礼服をクリーニングに出す場合、チェーン店と個人店のどちらが良いのか、それぞれどんな特徴があるのか、見ていきましょう。

【チェーン店】

料金で比べると、チェーン店の方が安いようです。

 
5
 

理由は工場に集められた衣類を、一度に大量に洗うことができるから。

また当日仕上げができるのは今や当たり前ですよね。

個人店に比べて圧倒的に従業員が多く、また最新機材を導入しているところもあるので、とにかくスピードが速いことが強みと言えるでしょう。

基本料金が明確に決まっていて、仕上がりも平均的な質を保っているのがチェーン店のよいところ。

逆に問題点をあげるとすれば、スタッフのほとんどがパートやバイトだということでしょうか。

特に受付は高校生のアルバイトもいるくらいなので、当然専門知識などある訳もなく、教えるのも同じバイトだったりパートだったりするのが現実です。

基本的に業務はマニュアルに沿って進められるので、マニュアルにないような特殊な服だったり、シミだったりすると対応できないことが多いです。

また基本的にシフト勤務なので、交代時に連絡が行き届かないことも多く、工場にお客様の細かな注文を伝えることは難しいと言えます。

工場でも基本的にはパートが洗い、仕上げまですることが多く、時間内に仕上げる量も決められている筈ですので、1着1着丁寧に確認作業することは難しいと言えます。

更に仕上がった衣類はお店の近くの倉庫で保管されることがあるのですが、そこも管理が行き届いていない場合があります。

実はあるクリーニング店の保管倉庫が、私の勤めていたお店の倉庫の隣にありまして、在庫確認などで倉庫に行った時によく見る機会があったんです。

年配の男性が一人で、山のような衣類に囲まれて届いた衣類を倉庫にしまっていました。

衣類が雪崩を起こして、土足で歩き回る通路に散らばり、一緒に拾ったこともあります。

当然汚れがついてしまっていましたが、その後それをどうしたのかはわかりません。

もちろん管理の行き届いたお店もあるでしょうし、技術向上、スタッフの教育に力を入れているところもあります。

けしてチェーン店がよくないと言っている訳ではありませんが、お店は選ぶべきだと思います。

【個人店】

では個人店はどうでしょうか。

思い浮かぶのは商店街に昔からある家族経営のお店で、お客は昔から知っている顔なじみの常連ばかり。

その道何十年の職人が、自分の仕事に誇りとこだわりを持って1着1着に目を光らせて仕上げている、なんとなく個人店にはそういうイメージがあります。
 
6
 

実際あのお店ならなにを頼んでも大丈夫と、太鼓判を押されるようなお店があるとも聞きます。

どうやら大体どこも平均的なチェーン店と違い、個人店は飛び抜けたお店があるようですね。

ただその分、差は激しいようです。

家族経営のお店ばかりではありませんし、こだわりがある訳ではなく、マイペースにお仕事をされている方もいるでしょう。

料金も細かなところまでは明確に表示されていなかったりして、よくわからないまま頷いているとびっくりするような料金になることも。

初めて利用する場合、個人店は勇気がいるかもしれません。

1番お勧めなのは、地域の評判をきくこと。

ネットで情報を集めるのもいいですね。

お店で料金などについて聞いてみるのもいいかもしれません。

その対応を見れば、どういったお店かある程度はわかるかと思います。

まとめ

今回は礼服クリーニングの頻度や料金についてお話してきました。

最後に一点ご注意を。

クリーニング店から戻ってきた衣類についてですが、ポリ袋カバーは必ず外しましょう。

スチームアイロンなどの湿気を含んでいる場合があるので、カビやシミの原因になります。

後は陰干しをして、しっかり湿気を飛ばすこと。

収納の際もクローゼットやタンスには除湿剤、防虫剤を置いてカビや害虫から衣類をしっかり守りましょう。

 - 礼服クリーニング , , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした