話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【バーベキュー(BBQ)の服装】女子が気をつけたい5つのポイント!!

 
1
 

今年もいよいよバーベキューやキャンプのシーズンが到来です!

そこで今回は、女子がバーベキューに参加する時の服装のポイントをご紹介していきます。

「お洒落を楽しみたい!」というのが女心ですが、ポイントを押さえた服装をしていかないと大惨事に・・・

ということにもなりかねません。

「せっかく参加するなら、最初から最後まで楽しみたい!」

そんなあなた、それでは早速バーベキューの服装で「女子が気をつけたい5つのポイント」を見ていきましょう。
 


 

①ボトムス (スカートよりパンツが吉!)

バーベキューはお店で食事をするのと違って、自分達で準備、料理するもの。

そうした過程で協力しあうことで親睦を深められるのも魅力のひとつです。

スカートでおしゃれをしたい気持ちもわかりますが、しゃがんだり、動き回ったりすることを考えて、スカートではなくパンツを選びましょう。

 
2

おしゃれなワンピースやスカートではちょっと浮いてしまい、また周りにも気を遣わせてしまいます

とは言えショートパンツもあまり短すぎると同じ事ですから、ジーンズなどをはいていくのがスタンダードです。

ジーンズなら日焼け、虫刺されなども防げますし、動きやすいのは言うまでもありません。

「でもあまりに地味な服装で行くのはちょっと・・・」と思うあなたは、上記のポイントを押さえつつ、自分なりのアレンジを加えておしゃれを楽しんでみてくださいね!

②靴 (ヒールよりペタンコ靴を!)

バーベキューは、公園、山、海辺、河原などで行われるのがほとんど。

そういった場所は怪我をすることも多いですから、安全性を考えてスニーカーなど動きやすい靴を選んだ方がよいでしょう。
 
3

ヒールの高いものを履いていると、例えば河原などで足を捻ったり、最悪折ってしまうことも考えられます。

お料理などの作業もしにくいでしょうから、避けた方が良いでしょう。

海辺などでは水遊びをすることもあると思いますので、ビーチサンダルなどもよいですね。

ただキャンプ場に辿りつくまで歩く場合には、ビーチサンダルでは歩きにくく、指先などの怪我をする可能性もあるので、出来れば履いていく靴とは別に、カバンなどに入れていくことをお勧めします。

いずれにせよ、「バーベキューにはペタンコの靴を履いていく」

この鉄則を守るようにしましょう。

③トップス (動きやすい服を!)

動いたりしゃがんだりすることの多いバーベキュー。

胸元が大きく開いた服だと、しゃがんだ時に「放送事故!」なんていうことにもなりかねません。(笑)

というわけで、バーベキューでは露出度高めの服装は避けた方が良いかもしれません。

火に巻き込まれる危険や、料理をするのに邪魔になることを考えると、裾や袖がヒラヒラしたものや、長いものは避けた方がいいでしょう。

食材につくと服が汚れますし、不衛生でもあります。

トップスも、おしゃれより機能性を重視して選ぶと吉です。
 
4

ただ暑いからといってタンクトップなどにすると、火傷や虫刺されも心配ですよね。

そんなあなたにお勧めなのがアームカバー。

取り外しできますし、火傷はもちろん日焼けも防げます。

おしゃれでかわいいものもたくさん売っているので一度検討してみるのも良いでしょう。

④洗える素材の服を!

汚れるということを前提において、洗える素材の服を選びましょう。

汗もかきますし、煙などのにおいもつきます。

それに屋外のことですから、なにがあるかわかりません。

お気に入りの服を着ていって、破れてしまったり、落ちない汚れがついてしまったりすと、せっかくの楽しいバーベキューも台無しです。

というわけで、帰宅するまで思いっ切り楽しむ為にも、汚れても大丈夫な、洗える素材の服を選びましょう。

 
5
 

昼間は日焼け対策、夜は冷え込み対策を

【昼間の対策】

バーベキューは屋外に長時間いることになりますので、日焼け対策はかかせません。

UVカットのパーカーやカーディガンを着て、肌が露出する部分には日焼け止めを塗っておくと良いでしょう。

また、髪のUV対策として帽子も忘れずに。

 
6
 
帽子をかぶれば、髪の毛に煙やにおいがつくことを防げます。

また、長い髪の方は帽子の中に入れてしまうことで作業もしやすくなり、食材に髪が触れることも防げるので衛生的です。

【夜の対策】

また山の気温は平地に比べると低いので、夏でも夜になると冷え込みます。

寒さで体調を崩してしまったらせっかくの楽しいバーベキューも台無しです。

ジャンパーやトレーナーなど、一枚上に羽織れるものを持っていきましょう。
 
7

また突然雨が降ることもあるでしょうから、ちょっと荷物がかさ張ってしまうのですが、出来ればレインコートもあれば尚良しです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バーベキューを最初から最後まで思いっきり楽しむために、服装は「おしゃれ」というポイント以外にも「機能性」も考えたうえで決めるのが吉です。

今回見てきた「女子が気をつけたい5つのポイント」を参考に、次のバーベキューも最高にステキな一日にしてくださいね!

 - BBQでの服装 , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした