話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【ココナッツオイル】女子にうれしい5つの効能!!髪や肌の健康UP!便秘にも?

 
newthumbJPG
 
近頃よく聞くようになった、ココナッツオイル。

これはココヤシの木の実を原料としたオイルです。

ここ数年で、アメリカではスーパーマーケットに並ぶほど人気が出てきました。

でも、他のオイル、例えばオリーブオイルとはどう違うの?

と思う方もいるかもしれませんね。

今回はココナッツオイルの「うれしい効能」について、見ていきましょう。
 

① ダイエットできる

ココナッツオイルは、成分としては飽和脂肪酸が多くを占めています。

どれくらい多いかというと、なんと90%にもなります。

オリーブオイルに含まれる飽和脂肪酸はおよそ10%程度。

ココナッツオイル2大成分のひとつが、この飽和脂肪酸です。

飽和脂肪酸とは何か、太ってしまうのでは……?

実は、そういうものではないのです。

飽和脂肪酸はエネルギーの元となり、血液を造るための重要なはたらきを行っています。

その飽和脂肪酸の中でも、「長鎖脂肪酸」は脂肪として身体につきにくく、体内の脂肪を燃やす効果があり、コレステロール値を下げもします。

さらに、エネルギーとして燃えやすいため、ダイエットにも効果のある成分なのです。

 
diet_before_after
 

② 便秘が解消する

ココナッツは、「捨てる部分がない」と言われています。

果実であるココナッツは食べられますし、果汁もオイルや石鹸を作るのに使われています。

東南アジアや南国などでは、殻は食器に使われ、葉は屋根などに、根っこは丈夫なため網を編むのにも使われます。

そんなココナッツオイルの種子などを精製して、あますところなくココナッツ本来のいいところを凝縮した製品がココナッツオイルです。

ココナッツオイルには食物繊維が非常に豊富に含まれているため、整腸効果が期待できます。

おなかの調子を整え、且つ栄養補給ともなるため、便秘がちな人にもうれしい効能が訪れることでしょう。

 
benpi_geri_woman
 

③ 美白効果がある

身体の中の調子をよくするココナッツオイル、なんと体内だけではなく、お肌にもうれしい効果があるのです。

ココナッツには「スーパービタミンE」と呼ばれるトコトリエノールが含まれており、しわ・しみ・毛穴を改善する効果を表します。

ココナッツオイルの2大成分のもうひとつが、このトコトリエノールだといえるでしょう。

このトコトリエノールには、身体の中でヒアルロン酸を生成するともいわれ、特にしわに対して大きな効用を示すのです。

他に、トコトリエノールには抗酸化作用を持っています。

抗酸化作用によって、老化を進めたり病気の元となる活性酸素を抑えることができるため、毛穴の黒ずみ改善にもつながるのです。

 
biyou_tsurutsuru
 

④ 保湿効果がある(スキンケア・ヘアケア)

ココナッツオイルは食べるだけではありません。

ベビーオイルやオリーブオイル同様に、塗ることもできるのです。

ただ、冬には注意が必要です。

気温が25度より下がってしまいますと、ココナッツオイルは固まってしまいます。

というわけで冬は固体となってしまいちょっと使いづらく感じてしまうかもしれませんが、効き目には変わりがありません。

ココナッツオイルは③でも挙げたように抗酸化作用という酸化しにくい性質を持っていますので、長持ちします。

椿油のように、お風呂に入る前に髪につけたり、リップクリームのように塗っても効き目は抜群。

植物性なので、クレンジングに使っても洗い流すのが簡単です。

かかとのガサガサに塗って靴下を履けば、つるりとしたかかとのできあがり。

用途が食用に限られているものもありますので、肌に塗ってもいいものか確認の上でお試しあれ!

 
fruit_coconut
 

⑤ アンチエイジング効果・アトピー改善

ココナッツオイルに含まれる、ラウリン酸という成分があります。

これは母乳にも入っている、免疫を高める成分なのです。

粒子が小さいため消化器官への刺激が弱く、②の便秘改善効果以外に胃腸の傷ついた人にもやさしいといえます。

③であらわれた、トコトリエノールの抗酸化作用によって肌のたるみ、加齢によるしわや毛穴のゆるみなどを改善することもでき、アンチエイジング効果が得られるでしょう。

ラウリン酸は他に強い殺菌力を持つため、原産国においては虫さされのあとや小さな怪我に塗られ、薬としても使われています。

敏感肌であり、菌に対して注意しなくてはならないアトピーの方にも、ココナッツオイルはおすすめできます。

その際は特に不純物の少ない、エキストラバージンココナッツオイルを選びましょう。

 
umi_beach
 

まとめ

5つのうれしい効能を挙げてきましたが、いかがだったでしょうか? 

ココナッツオイルは酸化しにくいため、長持ちします。

賞味期限はとっても長く、なんと2年!!!

とは言え、異物が混入するとカビが生えてしまうこともあります。

取り分けするときの移し変えと、直射日光には気をつけましょう。

ここまで見てきたように、ココナッツオイルにはうれしい効果が盛りだくさんですが、食べすぎには要注意!!

1日の摂取量の目安は大さじ2杯程度です。

いかんせんオイルですので、採り過ぎには注意しましょうね。

おいしくやさしい、素敵なココナッツオイルライフをおすごしください!

 - ココナッツオイル , , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした