話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【平塚の七夕祭り】平塚が有名になった理由って?

tanabata_amanogawa
 
七夕祭りと言えば、仙台についで有名なのが神奈川県平塚市で行われる「湘南ひらつか七夕まつり」です。なぜ横浜や大阪などの大都市ではなく、比較的マイナーな平塚で七夕がこんなに盛り上がっているのか、素朴な疑問を感じるという方は多いようです。というわけで、今回は平塚の七夕祭りが有名になった理由や経緯などを一緒に見ていきましょう。
 

 

七夕では平塚は仙台に次ぐ知名度

 


 
七夕祭りと言えば日本で一番有名であるとされているのが仙台の七夕祭りですが、平塚の七夕祭りはそれに次ぐ知名度を持っているとされています。

平塚市は首都圏に近い位置にあることなどから、多くの集めやすく、それがこの知名度の高さに寄与していると思われます。

 

もともとは終戦後の町興しだった

平塚市の七夕祭りは、終戦の直後に始まりました。

第二次世界大戦中に、平塚市では海軍用の火薬類が大量に生産されていたことから、1945年7月の空襲において市は壊滅的な打撃を受け、一面焼け野原になってしまいました。

しかし戦後の復興は順調に進み、「戦災復興五ヶ年計画」が一段落した1950年(昭和25年)の7月にその後の七夕祭りの元となる「復興祭り」が開催されました。

このお祭りは大成功に終わり、これに勢いづいた地元の商工会議所、商店街連合会は翌年の1951年(昭和26年)に、第一回七夕祭りを開催します。

そして昭和27年と昭和28年には「平塚七夕音頭」「紅谷町音頭」「平塚恋しや」など現在でも聴くことができる七夕の定番曲が発表され、より大規模なお祭りとなりました。

その後、1957年(昭和32年)からは主催者が商工会から平塚市に変わり、お祭りの規模もより大きくなりましたが、1973年(昭和48年)には駅ビル建設問題などから一旦開催中止が宣言されました。

しかし、「伝統の火を消すな」と地元の人々が立ち上がり、一旦商工会議所に主催となり平塚七夕祭りは再開されました。

その後また市に主催が戻り、1993年からは「湘南ひらつか七夕まつり」と名称が改められ現在に至ります。

 

現在の平塚七夕祭りは?

2005年からは都市の再開発事業により、開催期間がそれまでの5日から4日に短縮されました。また2011年からは震災の影響による安全対策を優先し、3日間の開催に短縮されるなど、残念ながら近年ではまた徐々に縮小傾向にあるようです。

 
いかがでしたでしょうか?商工会などの地元住民が中心となって、地元を活気づけたいという気持ちが平塚の七夕祭りをここまで大きなものにしたんですね。特に神奈川や静岡にお住まいの方は必見のイベントですので、ぜひ今年の七夕は、平塚に遊びに行ってみてください!デートにも最適ですよ~♪

 - 七夕 , ,

  関連記事

【七夕とお盆の関係】もともとはお盆の準備期間だった?!?

  七夕は実はお盆の一部だった?!?そう聞くと驚く人も多いでしょう。 …

【七夕祭り】なんで仙台と平塚だけ妙に盛り上がってるの?!?

  仙台や平塚出身の人には信じがたい事実かもしれませんが、実は日本全国 …

【仙台の七夕祭り】なんで仙台が日本一なの?! 伊達政宗の趣味だった!?

  「七夕祭りといえば仙台」というくらい、仙台の七夕祭りは全国的に有名 …

【七夕の由来とは?】歴史を紐解いてみたっ!

  7月7日の七夕。もちろん誰でも知っている日ではありますが、実際この …