話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

領収書の【上様】の意味とは?税務署に怒られる?!

 
領収書に「上様」と書く意味はご存じでしょうか?面倒なので「上様」で領収書を受け取っていたところ、年度末の申告の際に税務署に怒られてしまった、という経験のある方も多いようですので、今回は領収証の「上様」について一緒に見ていきましょう。 
 

 

そもそも「上様」とは?

 

ue
 
飲食店や物販店でモノを買い、支払いを済ませ領収書を貰おうとすると、「宛名は如何なさいますか?」とか「宛名は上様でよろしいですか?」などと尋ねられ、なんと答えたらよいのか戸惑うという経験をしたことがある人は多いはずです。そもそも、「上様」とはどういう意味で宛名に書き込むのでしょうか?

答えは簡単です。

時代劇などで、お殿様を「上様」と誰でも呼んでいるのを聞いたことがあるはずです。その「上様」と同じ意味です。

つまり、「上様」とは自分より上の位にいる人に対してへりくだった時に使う敬称、というわけです。

殿様は自分より上に居る人ですよね。だから上様なのです。同様に、お店からしたら客である自分は、お店より上に位置する人なので、お店側からは「上様」とへりくだって呼ぶ、というわけですね。

 

なぜ領収書に上様と書くようになったのか?

 
ryoushu
 
では、なぜ領収書に上様と書くようになったのでしょうか。それには二つの説があります。

一番目は、貴人への尊崇の念を込めて「上様(うえさま)」と尊称したことから「上様」となったという説です。

二番目は、商人の商習慣から「上得意(じょうとくい)」「上客(じょうきゃく)」の意味から、それらの尊称を略して「上様」となったという説です。
 
尊称という意味では、どちらの説も、「自分より上に位置する人に対する尊崇の念」を込めるということでは同じ意味です。

 

由来は織田信長だった?

oda_nobunaga
 

「上」という言葉を最初に使いだしたのは、織田信長であったと言われています。

天下人となった信長が、家臣たちに自分たちの上に存在する自分のことを「上様」と呼ばせたのがこの言葉の始まりと言われています。

 

「上様」では税務署に受け付けてもらえない?!

昔は、宛名に「上様」と記載された領収書でも経費として認められました。今ほど税務署が厳しくなかったのです。

また、グレーな内容の領収書はわざと「上様」にてもらったりした時代もありました。

ですが、今は厳しくなったので、「上様」と記載された領収書はほとんどの場合認められません。

例外的に、商品内容が記載されたコンビニのレシート領収書に上様と記載された場合のみ認められます。

コンビニ以外の一般的な領収書の場合は、宛名に必ず領収書の発行先が解るように企業名や個人名を記載して貰わないのと認められません。

 

【小話】最近の若者には「上様」は通じない

uedei

最近では、「上様」という商習慣さえ忘れ去られ、若い人の中には知らないというような人さえいるようです。

「上様」でいいよ、と言ったところ、カタカナで「ウエディ」と書かれてしまい困ったなどという驚くべき事態も起る始末です。

 

無記名の領収証をもらえば良い?!?

「上様」が税務処理上、経費として通らないということがわかりましたが、それでは面倒なので空欄で貰い、後から自分で都合よく記載するというのはどうでしょうか?

これも「上様」同様NGです。

私文書の無形偽造を処罰する規定は刑法160条しかないので、間接正犯になるか否かが問題になります。実際のところは「犯罪」とまではいかないようですが、グレーで危険なやり方ですので後々やっかいなことにならないためにも控えておきましょう。

 
以上、いかがでしたでしょうか?できるだけ経費として認めてもらい節税したい、というのはみんな一緒です。とは言え、グレーやブラックなやり方で不正にならないよう正しい知識を身につけて、必要な税金は気持ちよく納税出来るよう心がけたいものですね!

 - 「上様」の由来 , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした