話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【お盆に結婚式】縁起とか実際どうなの?予算的にはあり?

 
昔から日本では、お盆に結婚式を挙げるのは縁起が悪いと言われます。でもそれって本当なのでしょうか?さっそく一緒に見てきましょう!
 

 

縁起を担ぐならやっぱり避けた方が良い?

縁起

お盆に結婚式を挙げることは、「厳密にいえば」問題ありません。

どういうことかと言うと、お盆はご先祖様があの世から戻ってくる時期なので、つつがなくご先祖様をお迎えするために、「他の行事は執り行わないでご先祖様を迎えましょう」ということなのです。

この時期は、どこの家でもご先祖様を迎えなければならないので、他人を招待する結婚式のような催し物をすると「招待する家でご先祖様が迎えられなくなってしまう」、という日本人らしい心遣いなのです。

便宜上「縁起が悪い」ということにして、お互いにこの時期にはそういう催し物をしないように、という日本人独特の心配りによる知恵なのです。縁起が悪いということにすれば、招待されてもそれを受けなくて済む、という知恵だったのですね。

しかし、このことをうまく使って結婚式の予算を抑えることも可能です。

新郎新婦が結婚式を挙げるための予算制限があるのなら、招待人数を抑えるために、あえてこの時期に結婚式を挙げる、という方法です。

招待客からしても、お盆時期ということで断る言い訳ができるからです。招待客の人数を抑えることが可能になります。それでは詳しく見ていきましょう。

 

お盆は結婚式閑散期で実は狙い目?!?

kansan

縁起を気にせず合理的に結婚式を挙げようと新郎新婦がお互いの総意で決めるのなら、結婚式閑散期であるお盆は最高の狙い目です。

まず結婚式を挙げるカップルが少ないので、結婚式場の確保も簡単で、料金も大幅に節約することができます。

仕事も休みなので、敢えて休みを取る必要もありません。合理性を求めるカップルの場合、全ての面で合理的に結婚式が挙げられるでしょう。

お盆ということで、友達も呼ばず身内だけにすれば、招待するはずであった客にも言い訳ができますし、予算も大幅に抑えることができます。

また、身内だけなら、プランも自分たちの思い通りに決められるし、身の丈にあった結婚式が挙げられる、という利点もあります。

結婚式は、「家と家の見栄をはる」という一面もあるので、お盆時期に結婚式を挙げればそのような無駄なお金を使う必要もなくなるので、その分蓄えれば良いことになります。

さらには、閑散期ということで混んでもいないので、貸し切り状態でゆったりとした思い出深い結婚式を挙げることができるでしょう。

 

知人を呼ぶなら、せっかくの連休中に迷惑に・・・

meiwaku

そうは言っても、やはり多くの友人知人に祝ってもらいたいと思うのならば、やはりお盆時期の結婚式は迷惑にしかなりません。

折角の連休を返上してもらうことになりますし、喜んで参加してくれることにはならないので、多くの人に祝福してもいたい、というカップルの場合にはお盆を避けて結婚式を挙げることをお勧めします。

 
いかがだったでしょうか?お盆に結婚式を挙げると縁起が悪いというのは、実は迷信ではなく生活の知恵だったのですね。

特に最近では、お盆はご先祖様というより「貴重な連休」なので、招待客に迷惑がかからないように結婚式を挙げないようにしているというのが実のところのようです。

あなたが「みんなでワイワイやりたい派」か、「合理性を求める派」かで、ご自身にあった時期を選ぶ参考になれば幸いです。素敵な結婚生活を送ってくださいね♪

 - お盆に結婚式 , ,

  関連記事

関連記事はありませんでした