話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【鎌倉のあじさい祭り】おすすめ3スポットを紹介!

 
6月の鎌倉と言えば「あじさい」が見ごろな季節ですね。もともと鎌倉は観光名所が多いのですが、そのいたるところでたくさんのあじさいが開花し、それを見るために訪れるたくさんの観光客で賑わった様子は、「あじさい祭り」と言われるほどです。今回はそんな「鎌倉のあじさい祭り」のおすすめスポットを3つほど紹介していきたいと思います。それでは、早速見ていきましょう。
 

 

おすすめその1「明月院」

_ajisai2

おすすめスポットその1は、明月院です。

明月院は、鎌倉市山ノ内にある臨済宗の寺院です。

「あじさい寺」という別名が付けられるほどにあじさいの名所として有名で、見頃のピークである6月中旬から7月上旬にかけて。

境内に植えられているおよそ2500株とも言われるあじさいが一斉に咲き誇り、青、紫、白などの花々が境内を鮮やかに色付けします。

その中でも特に有名なのが青色のあじさいで、深い青色から「明月院ブルー」などと呼ばれたりもします。また、あじさいの他にも花ショウブ、イワタバコなども見ることができます。

 

おすすめその2「成就院」

おすすめスポットその2は、成就院です。

成就院は鎌倉市極楽寺にある真言宗の寺院です。

成就院は明月院と双璧をなす「あじさい寺」として非常に有名なあじさいの名所として知られています。

見頃のピークは6月中旬から下旬ころで、この時期には境内の参道の262株のあじさいが石畳の道のまわりで咲き乱れます。

262株というのは、若干少ない数であるようにも感じられますが、実はこれは般若心経の文字数にちなんだ縁起の良い数字なのです。

参道の坂道をある程度登った時点で振り返ると、あじさいの茂みの向こう側に由比ヶ浜が広がっているのが見え、そのコントラストは非常に美しいものとなっています。

 

おすすめその3「長谷寺」

おすすめスポットその3は、長谷寺です。

長谷寺は鎌倉市長谷にある浄土宗の寺院で、別名「花の寺」とも呼ばれ、あじさい以外にも年間を通してさまざまな花を楽しむことができます。

あじさいは2500株40種もの種類が植えられており、「あじさい小径」と呼ばれる参道はピーク時である6月中旬から7月中旬には数多くの見物人が訪れます。

またあじさいの時期には同時にハナショウブやシモツケ、さらに珍しい植物であるビョウヤナギなども見ることができます。

 
いかがでしたか?いずれのスポットもほんとうに美しく、また一日でこの3箇所を回ることもできますので、ぜひ今年の夏は鎌倉にあじさいを見に行きましょう!

 - あじさい祭り , , ,

  関連記事

【開成あじさい祭り】駐車場やアクセスの下調べは大丈夫?

  毎年6月の上旬から中旬ごろにかけて、神奈川県足柄上郡にある「開成町 …