話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【七夕の由来とは?】歴史を紐解いてみたっ!

 
7月7日の七夕。もちろん誰でも知っている日ではありますが、実際この「七夕」というのはどんな由来がある日なのでしょうか?というわけで今回は、「七夕」の由来や歴史について一緒に見ていくことにしましょう。
 

 

七夕とはこんな日

tanabata_amanogawa
 
七夕は中国、台湾、日本、韓国、ベトナムなどの国々において年中行事などを行う季節の区切りである「節句」の一つとされている日です。

本来は旧暦の7月7日、つまり現在用いられている暦でいうと「8月7日」を指す日であり、「お盆」のうちの一日とされていました。

ですが、明治時代に現在用いられている暦である太陽暦に改暦された際、お盆が8月15日前後に移動してしまったため、お盆と切り離されて独立した節句となりました。

元々中国では宮廷内で儀式を執り行う日とされており、それが日本に伝わったのは奈良時代であるとされています。現在の日本では、新暦の7月7日もしくは8月7日に笹や竹にに願い事を書いた短冊を飾る風習が全国各地で見られますが、この風習が定着したのは江戸時代のことで、その他の国ではこのような風習はありません。

 

七夕の由来とは

七夕は中国で古来から言い伝えられてきた「牽牛星と織女星(けんぎゅうせい・しょくじょせい)」の伝説に由来し、そこに女子の手芸や芸能の上達を祈願する「乞巧奠(きこうでん)」という儀式が組み合わせられて出来たものであるとされています。

「牽牛星と織女星」は日本では「彦星と織姫」の伝説として知られ、天帝(天の帝)の娘である織姫が彦星と結婚したものの、二人とも結婚生活の楽しさのあまり仕事を怠り、天帝の怒りに触れて離ればなれになってしまったという話です。

その後、織姫が悲しむ姿を見かねた天帝は、年に一度7月7日のみ天の川を渡って彦星に会うことを許すようになった。というものです。

 

現代の暦では天の川は見れないことが多い…

前述のとおり、もともと七夕は「旧暦の7月7日」の行事であり、現在の暦に換算すると「8月7日」あたりを指していました。

ところが現在の暦の7月7日はまだ梅雨が開けていない時期であることが多く、空が曇っているため、天の川が見ることのできない日が多くなってしまいました。

そのためか、今でも東北などの一部の地域では旧暦に倣って8月7日に七夕の行事をするというところも多いようです。

 
いかがでしたでしょうか?今回は七夕の由来や歴史について一緒に見てきました。「毎年雨で彦星と織姫をまだ見たことがない」というあなた。今年のたなばたには夜空に輝く天の川が見れますように!

 - 七夕 , ,

  関連記事

【七夕とお盆の関係】もともとはお盆の準備期間だった?!?

  七夕は実はお盆の一部だった?!?そう聞くと驚く人も多いでしょう。 …

【仙台の七夕祭り】なんで仙台が日本一なの?! 伊達政宗の趣味だった!?

  「七夕祭りといえば仙台」というくらい、仙台の七夕祭りは全国的に有名 …

【七夕祭り】なんで仙台と平塚だけ妙に盛り上がってるの?!?

  仙台や平塚出身の人には信じがたい事実かもしれませんが、実は日本全国 …

【平塚の七夕祭り】平塚が有名になった理由って?

  七夕祭りと言えば、仙台についで有名なのが神奈川県平塚市で行われる「 …