話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【夏至とは?】どんな意味がある日なの?旬の食べ物は?

 
「夏至」と聞くと、「名前は知っているけど、でも具体的にいつのことなのか、どんな意味があるのかわからない」、という人も多いのではないでしょうか。最近では「夏至」などの言葉は生活の中であまり意識されることがなくなってきていますものね。というわけで今回は、「夏至」の意味、そして夏至のシーズンの旬の食べ物などを一緒に見ていきましょう。
 

 

夏至っていつ?

season2_natsu
 

夏至とは、古代の中国で考案され、後に日本にも伝えられた暦で、一年を24の季節に分けた「二十四節気」の第10節のことを指します。「五月中」という呼ばれ方をすることもあります。

旧暦においては5月の中旬頃であるとされており、これを現在用いられている暦である太陽暦に換算すると「6月21日から22日ごろ」となります。

また時期を意味する言葉として用いられることもあり、その場合には6月21日ころから「二十四節気」の第11節である小暑(7月7日ころ)までとなります。

 

夏至ってなんの意味があるの?

古代の暦では、夏至には「日長きこと至る」という意味が込められています。つまり、一年において最も太陽の出ている時間の長く、夜の短い季節であるということです。

ただし、これは北半球に限られた場合の話であって、南半球では逆に昼の時間が最も短く、夜の時間が最も長い季節となります。

北半球の極地である北極圏の場合、夏至は夜がまったく来ない白夜の期間となり、逆に南半球の極地である南極県の場合は昼がまったく来ない極夜の期間となります。日が昇らない、一日中夜の日なんて、考えただけでちょっと怖い気もしますね・・・。

 

旬の食べ物

冬至の場合にはかぼちゃを食べる風習がありますが、夏至の場合はとくに全国的に「これ」といった決まった風習はないようです。

ですが、それでも一部の地方によってはさまざまな風習があり、大阪などの一部では夏至の季節にタコを食べる風習があります。これはタコの足が八本であることから、春に田植えをした稲の根がしっかりと地面に張り巡らされ、成長していくことを祈念しているとされています。

また京都では夏至の時期にこれまでの半年間の厄を落とすという意味のある「夏越祓(なごしのはらえ)」という儀式が行われるのですが、その際に「水無月」というウイロウの上に寒天などで固めたつぶあんを乗せた和菓子を食べることがあるようです。

この「水無月」の由来としてはつぶあんに用いられている小豆を鬼が嫌っているということがあるそうです。

また、愛知県にはいちじくに田楽味噌をつけて食べる風習があります。ヨーロッパでも夏至にはいちじくに関する言い伝えが各地に残っているそうですが、これらに何らかのつながりがあるのかはわかっていません。

 
いかがでしたか?「夏至」というと誰でも聞いたことのある言葉ではあるものの、その意味や由来についてはあまり知られていませんよね。こうした身の回りのちょっとした疑問を調べてみるだけでもちょっと得した気分になったりしませんか?

 - 夏至 ,

  関連記事

関連記事はありませんでした