話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【衣替えはいつ?】夏服・冬服をしまうタイミング

kagu_shunou
 
季節の変わり目の衣替え、毎年やってくるのにいつも悩みます。気候環境が変化しつつある現代、本当はいつするのが一番いいのでしょうか? 夏服と冬服をしまうタイミングと収納方法を探ってみました。
 

 

衣替えっていつ?【夏服編】

 

衣替えの時期は、住んでいる地域の季節感によって違ってきます。しかし、学校や会社などの制服がある組織では、地域を問わず夏服への衣替えは6月1日と決まっています。

普段着であれば、気温が20度から22度位になれば、冬の衣類を仕舞い夏服に衣替えするタイミングでしょう。半袖か、長袖か、迷うような気温ですが、半袖を中心に着て、カーディガンなどを羽織ることで調整しましょう。

 

衣替えっていつ?【冬服編】

夏服同様冬服の衣替えの時期は、住んでいる地域によって違ってきます。ですが、学校や会社などの制服がある組織では、冬服に衣替えするのは10月1日と決まっていることが多いようですね。

普段着であれば、気温が15度前後になれば、セーターなど上に羽織るモノを着ましょう。気温が10度以下になったら、外出時にコートやダウンジャケット着るように心掛けましょう。

 

しまう前には全部洗濯する?

もちろん、衣替えする前には全部洗濯します。衣替えする日は、晴れに日にしましょう。湿気がこもらないように、晴れの日が続いているようなタイミングが最適です。

自宅で普段着を洗濯する場合、必ず2度洗いしましょう。その際、風呂の残り湯は、絶対に使わず、綺麗な水を使うようにしましょう。また、食べこぼしのシミなどはシミ落とししてから仕舞うようにしましょう。怠ると虫食いやカビの原因になります。
 
衣替えでは、スーツやドレスなどはクリーニングに出し、家で洗濯できるものは洗濯して収納するようにしてください。

また、クリーニング屋さんのビニールから出さずに収納している人が多いですが、あのビニール袋は通気性も悪く静電気が起こりホコリをかえって吸い付けてしまいます。

その上、スチームアイロンをクリーニング屋さんが最後に掛けているので、あのビニール袋の中には案外湿気が残っており、折角クリーニングしたのにカビを生やしてしまう原因になります。面倒でも、不織布など通気性のよい衣類カバーに架け替えましょう。
 
最後に防虫剤を必ず入れておきます。防虫剤は、必ず引き出しを開けた衣類の上に置きます。それから、種類の違う防虫剤を一緒に入れてはダメです。化学反応を起こし、薬品が溶け出し衣類を駄目にしてしまいます。

 
正しく衣替えをし、お気に入りの洋服を気持ちよく再び着られるように、収納する際、新しい季節を迎えられるよう少し心遣いをしましょう。

 - 衣替え , , ,

  関連記事

【衣替え】いつするの?夏服・冬服をしまうタイミング

  季節が変わってくると、衣替えのことを考えますよね。でも、ちょっと面 …

【衣替えの時期はいつ?】最高気温がポイント!

  梅雨の前後は衣替えの時期ですね。ですが、衣替えのタイミングって結構 …