話題の情報.com

今話題の情報を簡単にわかりやすくお伝えします!

【五月人形】誰が買うの? 昔は母方の実家が買っていた?

 
5月5日はこどもの日ですね。新しくお子さんの生まれたパパ・ママの中には五月人形を購入されるという方も多いのではないかと思います。ですが、実際に購入するとなると、なかなか値がはるのも確かですね。若いパパ・ママにとっては小さくない負担であると思います。

そういう訳もあってか、五月人形はご両親に購入していただくというのが一般的な習慣ともなっているようです。ですが、そうした場合にも色々なマナーというかしきたりがあるようなのです。今回は、「五月人形を買ってもらう際のしきたり」について見ていくことにしましょう。
 

 

五月人形は誰が買うのか?

gogatsu_ningyou

まず、「五月人形は誰が買うのか」という問題ですが、これは「これ」といって統一された決まりがあるわけではありません。

前述したようにご両親に買っていただくという場合が多いようですが、もちろんパパ・ママご自身で買うというのもOKです。ところが、特に地方では「五月人形は誰が買うのか」に関して事細かなしきたりがある場合もあり、それが事態をややこしくしています。では、次にそうした実例を見て行きましょう。

 

昔の風習では母方の実家が買っていた?

昔の風習では、五月人形は母方の実家が買うというものがあったようです。

また、地方によっては逆に父方の実家が買うと決められているところもあるようです。昔であれば結婚というのは狭い地域の中で行われていたので良かったのですが、遠く離れた地域の者同士が結婚するようになった現代では、その地方のしきたりの違いから父方、母方の双方でトラブルになってしまうというケースもあるようです。

 

安い買い物ではないので話し合おう

そもそもかつては一部の高級武士の家庭を除けば、五月人形というものは「子供の形代」つまり「病気などの災難の身代わりになってくれるもの」であり、それ故に人形や兜は紙や木で出来た簡素なものが一般的でした。

現在のように庶民であっても立派な人形や兜を飾るようになったのは昭和以降であると言われています。現在では五月人形は相場として5万から10万円ほどにもなる大変高価な物となっています。ですので、誰がそれを買うにせよ、まずはしっかりとした話し合いが必要です。お互いの実家のローカルなしきたり等も含めて、双方のご両親としっかりと連絡を取り合いましょう。

 
いかがでしたか?五月人形の購入を通して、お互いの実家とコミュニケーションを取る良い機会を作ってみる、というのも良いのではないでしょうか。

 - こどもの日 , ,

  関連記事

【こいのぼりの時期】いつまで飾るの?しまうタイミングは?

  こいのぼりを飾る際に問題になるのが、いったいこいのぼりをいつまで飾 …

【こいのぼりの由来や意味】そもそもなんで飾るのか?

  5月5日は「こどもの日」ですね。こどもの日にはこいのぼりを飾るとい …

【こどもの日】柏餅やちまきを食べるのはなぜ???

  5月5日は「こどもの日」ですね。お子さんのために柏餅やちまきを購入 …

【こいのぼりの時期】いつから飾るといいのか?

  5月5日はこどもの日ですが、こいのぼりを飾るご予定のある家庭も多い …

【五月人形】飾る時期に注意! いつ出していつしまうのか?

  5月5日の「こどもの日」には五月人形を飾られるご家庭も多いのではな …